ロッテ×横浜5回戦@千葉マリンスタジアムホッピー(特濃)

June 15, 2006

亜細亜新幹線 幻の東京発北京行き超特急 / 前間孝則

亜細亜新幹線
500頁に渡る本は読み応えがありました。
以前LAPITAで新幹線物語が連載されていたが、本書はその実質下準備になった弾丸列車の構想、立案、実行に至る模様が事細かに書かれています。
新幹線で有名な島秀雄さんは本企画でもメインで活動されています。と言うか実際は彼としてはもっとも脂がのっていた頃なんでしょう。新幹線の時はもう一度、と挙げられた感じですからね。

面白いのは彼の父、島安次郎さんが弾丸列車の際には70歳以上の高齢ながらリーダーとして挙げられているということ。新幹線時の島秀雄さんと同じですね。
あと、敗戦寸前のゴタゴタ時に御国のためと言うことで、用地買収を大量・安価に行われていたというのはなかなか痺れますね。こういう実際には色んな人の犠牲になりたっているんだなぁと。

解説は、JR東海の会長が書かれており、その中で現在、新幹線導入時に在来線が飽和状態になったのと同様、飽和寸前であり、品川駅などの最適化では限界→リニア...とのことが書かれていました。まぁ、どうなるんでしょうねぇ。
(☆☆☆☆)

mambo_no5 at 23:01│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
読み物 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ロッテ×横浜5回戦@千葉マリンスタジアムホッピー(特濃)