価格タンネトウ塩ホルモン

September 02, 2007

栗林忠道 硫黄島の戦い (宝島社文庫 590)


映画”硫黄島からの手紙”で渡辺謙が演じた栗林忠道氏について書かれた本。

帝国陸軍の将校に対しては結構偏見があったんだけど、この方はステキな方ですね。
部下に対して
奥さんや子供に対して
そして生き方に対して

固そうな内容ですけど、宝島なんで軽く読めます。

mambo_no5 at 19:30│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
読み物 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
価格タンネトウ塩ホルモン