歴史と伝統が見せるウィーンのデザインと日本の融合 Lebensräume ウィーンの室礼 〜ウィーン・プロダクツのある暮らし〜かき揚げそば@箱根そば

October 27, 2007

NATURA 100 people photograph exhibition

NATURA BLOG: 「NATURA 100 people photograph exhibition」開催のご案内
「NATURA 100 people photograph exhibition」
natura20071027


NATURAの100人展が開かれるってことで訪問。

この企画が始まるときには100人も集まるのかよ!?
って感じでしたが、何とか集まって開催されたみたいです。
知人も参加したりってこともあり、通院ついでに日比谷まで足を伸ばしました。

こじんまりしたフロアですが、アマチュア作品が集っているという感じで観ていて楽しいです。

各出展者作品にコメントとして”NATURAの好きなところ”(だったかな?)が記載されていて、これを見ていても結構楽しいです。

デジカメ全盛になってしまった今日この頃。NATURA導入時に優位な性能であった高感度も今はデジカメでも達成され。皆さん何故にこのカメラ(システム)を使っているのか?

と言う点で見ると皆さん性能(機能)ではなく、感性・情緒的な理由が多いんですよね。

・温かく、温もりがある。
・自然に、違和感なく
などなど。

なるほどなぁって。

フィルムで撮ると一枚一枚気持ちが入りますからね。

デジカメ浸っている私もたまには撮りたいなぁ〜、って思っちゃいますね。

mambo_no5 at 21:45│Comments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
マンボな日常  | NATURA

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by a-carl   October 28, 2007 08:08
赤猫さん、こんにちは。

行ってみたかった展示の様子が
こちらでわかってとっても嬉しいです。
特に知りたかったのが
NATURAを好きな理由でした。
私も機能派ではなく、感情派です。。。

これからも赤猫さんのブログを楽しみにしております。
(よかったら、マイミクにもなってくださいませんか?)
2. Posted by 赤猫   October 28, 2007 21:17
コメントどうもです。

こんなご時世にあえてNATURA等のフィルムカメラを使うのは、そういう理由なんですよねぇ

展示されている写真も”記録”ではなくって”気持ち”や”空気・雰囲気”を表しているものが多い感じがしましたね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
歴史と伝統が見せるウィーンのデザインと日本の融合 Lebensräume ウィーンの室礼 〜ウィーン・プロダクツのある暮らし〜かき揚げそば@箱根そば