アウトレットモール誘致へ 本州日本海側で初、地元商工会は影響懸念牛丼ナイト

September 05, 2010

小田原どん(武将茶漬けどん)@本丸茶屋

小田原どん
ふとしたことから小田原どんを頂くことになりました。
実は小田原どんを食べるのは初めてですが、定義としては
「小田原の海と大地で育まれた食材を一つ以上用いること」
「伝統工芸品・小田原漆器の器に盛って饗すること」
「お客様に満足していただき、小田原がもっと好きになるように、おもてなしすること」
 の三つのこだわり、だそうで。
 このようなことからおもてなしの一環でお食事前にランチョンマット(ペーパー)として供されました。

武将茶漬けどん
他のお店では魚介類が多いのですが、こちら本丸茶屋では梅干とだし汁の武将茶漬けどんです。

寄木の箸に漆の丼
お箸、箸置きは寄せ木細工でつくられたもの、また器は小田原漆器です。北条の三つ鱗の家紋がなんだか素敵ですね。

確かに三つ鱗
お茶漬けも焼きおにぎり×3で三つ鱗を模しているのだそうで、ニクイ演出です。

お味の方は美味しいお出しと、梅干の酸味(ちょっと酸っぱめ)が特徴的です。なんだか贅沢をした気分ですね。ごちそうさまでした。

また、10/2-3に小田原で全国丼サミット2010 D-7が開かれるのだそうで。この界隈ではB-1の方が盛り上がっていますが、D-7の方も盛り上がってもらいたいですね。D-7の7は丼の種類(数)だそうです。分かりにくい...


関連ランキング:うどん | 小田原駅箱根板橋駅



mambo_no5 at 22:14│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
グルマンボ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アウトレットモール誘致へ 本州日本海側で初、地元商工会は影響懸念牛丼ナイト