モヒートとライムソーダでキューバな気分@FRESHNESS BURGER暑い時こそ辛いもので暑気払い@陳麻家

July 16, 2011

コクリコ坂から

なんとなく、観る機会がありまして公開初日のレイトショーで観ることができました。
そんなに思い入れもなかったので、ちょっとだけあらすじをチラ見しただけで観ることに。
何の先入観もなかったのですが、監督がゲド戦記の人だ...ってことで嫌な予感もあったりしましたが、いい意味で裏切られました。
若干自分の時代とは違いますが、小学校の頃はガリ版だったし、高校や大学の頃の部活、サークルの施設は汚くて何でもありな世界でしたから妙に共感しました。(まぁいきなり歌ったりとかはないんですけどね)
ある意味鉄板のジブリっぽい映画だと思います。
まぁ、直視できないような小っ恥ずかしさもありますけどね...(”耳をすませば”には負けますけどね)





mambo_no5 at 23:43│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
シネマンボ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
モヒートとライムソーダでキューバな気分@FRESHNESS BURGER暑い時こそ辛いもので暑気払い@陳麻家