ひな祭りってことで...なにかもちがってますか (2) / 鬼頭莫宏

March 04, 2012

のりりん(4) / 鬼頭莫宏


週末から風邪をひいてしまったようで...
とっても微熱程度なので、ゆっくりと休ませて頂きました。(土日なのにもったいない)

ゆっくり休みながら溜まっていた本を読み潰すことができたので、まぁよしとしましょう。

で、まずは”のりりん”の4巻。主人公たちが自分たちの自転車を購入する云々となり、説明っぽい部分が増えましたが、途中から出てくる老松さんの言葉がズシンときました。

そもそも俺は自転車に乗るヤツが増えればいいなんておもってねぇ

 自転車ブームだかなんだか知らねぇがそんなの迷惑でしかねぇ

 どんなものでもブームとかになりゃ
 受け手にはアホゥが入ってきて
 送り手にはペテン師が入ってくる

 場が荒れるだけでいいことなんかねぇ

 (中略)

 国の長年の歪んだ政策で車ばかり優遇されて

 自転車は軽んじられて法律違反なのに慣習として歩道に追いやられているわけだ

 でも俺はそれを怒ってるわけじゃねぇ

 こっちにとってはグレーゾーンのう方が都合がいい
 グレーゾーンってことはやりたい放題できるってことだ
 
 車道も走れる。歩道も走れる。
 車にもなれる。人にもなれる。

 ただしそこは全て自己責任だ。自制心も必要になる。
 だから今までの趣味の自転車乗りは分別を持ってるやつが多かった。

 自分の行動が将来にどう影響するか何となくにしろ考えていた。
 
 バカは責任感とか自制心をもたねぇ。
 だからそれを外部に設けなくちゃならなくなる。

 つまり法律化だよ。


ズシンと来ましたね。

最近の自転車行政、元々の自転車好きな人達の思い、これ以上何も言えませんよね。

なんにせよ、変に流行ってしまうと場が荒らされてしまうというのは納得だなぁ。

いろんな規制ができたりして、その後ブームは去る。
もともと好きでやっていた人たちにとってはやりづらくなる。

何度も観てきたよな。
今の自転車の置かれた立場も似たようなものなのかねぇ。

mambo_no5 at 10:33│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
読み物 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ひな祭りってことで...なにかもちがってますか (2) / 鬼頭莫宏