酒水ラーメン@みっちゃん食堂住宅・土地統計調査

September 30, 2013

山崎豊子さんが死去 「白い巨塔」「大地の子」社会派人気作家、88歳

art13093013430004-p1

「白い巨塔」「大地の子」など数々の社会派小説を著した作家の山崎豊子(やまさき・とよこ、本名・杉本豊子=すぎもと・とよこ)さんが29日午前、心不全のため死去した。88歳。大阪市出身。葬儀・告別式は親族で執り行う予定。

 大正13(1924)年、大阪市生まれ。昭和19年に京都女専(現・京都女子大)国文科を卒業後、毎日新聞大阪本社に入社。学芸部時代のデスクで小説家としても活躍していた井上靖氏に刺激を受け、32年、生家をモデルにした長編小説「暖簾」で作家デビュー。33年発表の「花のれん」で直木賞を受賞、同年退社して作家活動に専念した。

 初期には「ぼんち」「女の勲章」「花紋」など、大阪の商家を舞台にした作品を次々と発表。40年、大学病院の腐敗を描いた「白い巨塔」から社会派に。都市銀行の深層に迫った「華麗なる一族」、巨大総合商社を描く「不毛地帯」など企業ものから、第二次大戦下の日系アメリカ人を描いた「二つの祖国」、中国残留孤児の半生を描いた「大地の子」など国家的な視野へと展開した。また60年の日航機墜落事故を題材に「沈まぬ太陽」を著した。

 いずれの作品も綿密な取材に基づいたリアリズムが特徴で、権力構造の中で生きる人物を陰影濃く描き出した。また、NHK大河ドラマになった「二つの祖国」をはじめ多くの作品が映像化。8月から、海上自衛官を主人公とした「約束の海」の連載を週刊新潮で始めたばかりだった。


山崎豊子さんがお亡くなりになったとのこと。
お悔やみ申し上げます。

それはそうと、88歳だったとは。
なんだか若々しいイメージだったんですけどね。

深くて重めな作品は好きだったんですよね。

mambo_no5 at 23:14│Comments(0)TrackBack(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
読み物  | ニュースマンボ

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 今日は衣替え、「日本酒の日」    山崎豊子さん死去  [ 自分なりの判断のご紹介:ミラー ]   October 04, 2013 17:47
鳴く声は まだ聞かねども 蝉の羽の薄き衣は たちぞ着てける        大中臣能宣(拾遺和歌集)今日は衣替えですが、昔の人の感性はいいですね、夏衣の薄さを蝉の羽に ...

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
酒水ラーメン@みっちゃん食堂住宅・土地統計調査