大沢悠里さんから伊集院光さんへ...だとなぜ八幡神社が日本で一番多いのか / 島田裕巳

January 19, 2016

言葉の誕生を科学する / 小川洋子・岡ノ谷一夫

言葉の誕生を科学する (河出文庫)
小川 洋子
河出書房新社
2013-11-06


これまた図書館で借りた本です。

小説家と科学者の共著というか対談がメインです。

コミュニケーションの手段として
鳴き声、歌声、そして言葉と進化しているとのこと、
また生まれてすぐに鳴き声を上げるのは人間と鳥くらいのものとのこと
セミ(ツクツクボウシ)の鳴き声にさえきちんと周期性があったりすること

など興味深い話はありましたが、やっぱり対談本は読みにくいですね。
乳幼児の言葉の獲得の話もあるのかと思ったのですが、生物の進化に伴う言葉の獲得がメインでしたね。
乳幼児側の方は別の本をあたろうっと。

mambo_no5 at 18:07│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
読み物 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
大沢悠里さんから伊集院光さんへ...だとなぜ八幡神社が日本で一番多いのか / 島田裕巳