なぜ正直者は得をするのか「損」と「得」のジレンマ / 藤井聡チキン南蛮定食@沼吉

November 03, 2016

辞書を編む / 飯間浩明


これも図書館にて借りた本です。
三浦しをんの「舟を編む」に乗っかったようなタイトルですが、実際に辞書編纂をされていた方の実例などを紹介した本で一冊の辞書の改訂版が出されるまでが描かれていてなかなか楽しめました。

後半の方で書かれていましたが、辞書(本の辞書)って全く引かなくなったなぁ。特に国語辞典ってすっかりご無沙汰するようになってしまいました。電子辞書や、WEB、iPhoneのアプリなんかで調べてしまうもんなぁ。著者も書かれていますが、今後どのように辞書の優位性、差別化をしていかないと、今後はどんどん廃れていくんだろうなぁ。難しいところですね。

mambo_no5 at 05:48│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
読み物 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
なぜ正直者は得をするのか「損」と「得」のジレンマ / 藤井聡チキン南蛮定食@沼吉