コピペと捏造 どこまで許されるのか 表現世界の多様性を探る / 時実象一光とは何か 虹のメカニズムから「透明マント」まで / 江間一弘

January 12, 2017

世界の不思議な家を訪ねて 土の家、石の家、草木の家、水の家 / 小松義夫


これも図書館にて借りた本です。
様々な素材でできた特徴のある家の解説などなのかと思いきや、著者(カメラマン)の撮影を伴う旅行記という感じですね。デジカメや通信が発達する前の時代の旅行は現地現物、聞き込みや運などに左右されますからね。
 危険な地域に行くためにあえて夫婦で行くというスタイルにはちょっとびっくり。途中検問で夫婦喧嘩を偽装して切り抜ける件はなかなか面白かったですね。
もう今の時代には残っていないものが多いんだろうなぁ。

mambo_no5 at 05:49│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
コピペと捏造 どこまで許されるのか 表現世界の多様性を探る / 時実象一光とは何か 虹のメカニズムから「透明マント」まで / 江間一弘