庭煙鉄道趣味 庭蒸気が走る毎日 森博嗣JR30年物語 分割民営化からの軌跡 「旅と鉄道」編集部

May 31, 2020

宝塚受験 世界にひとつしかない夢 川路真瑳


これも図書館で借りた本です。

宝塚歌劇団に入団するための学校の予備校を運営されている元宝塚の方が書かれた本です。
著者のことを書かれている部分も一部ありますが、多くは受験などのエピソードが多く書かれています。中学卒業から高校卒業タイミングまでしか受験できない、しかも今は倍率が20倍以上という難関なので、いろんなドラマがありますね。

才能だけでも努力だけでもない、トップスターの方々は本当に両方なんだなぁということを実感させられます。
また、15−18歳という貴重な時期を宝塚に向けたことにのめり込めるということはある意味貴重な財産なのかもしれないですね。
そんなことを感じた次第です。

mambo_no5 at 14:57│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
読み物 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
庭煙鉄道趣味 庭蒸気が走る毎日 森博嗣JR30年物語 分割民営化からの軌跡 「旅と鉄道」編集部