2004新潟水害/地震

January 26, 2016

新潟も大雪のようで

この週末は西日本を中心に大雪とのことでしたが、実家のある新潟でもかなりの雪だった模様。
聞いてみると週末だけで1m以上降ったとのこと。
高速道路が閉鎖され、国道がめちゃくちゃ混んでしまい、その国道も圧雪と凸凹で動けなくなる車が続出で大渋滞だそうで、ほんの5kmくらいの距離を出勤するのに5時間位かかったようです。

流通も麻痺していて生鮮食料品は品薄な模様。災害みたいなもんですね。

毎日10CMくらい積もっていけば対応できるのでしょうけれど、大量に降っちゃうとキツイですね。でもそんなのに対応しようとしていれば無駄と言われてしまうし難しいもんですよね。

mambo_no5 at 17:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

January 14, 2016

検証 東日本大震災の流言・デマ / 荻上チキ



これも図書館にて借りた本です。

本自体は震災からあまり時間を置くことなく発刊されていますね。

これを読んでいると当時のことを思い出しますね。
twitterなどからとめどと無く流れてくる情報に対して逆に疲れてしまうくらいでしたね。情報に酔うという感じでしょうか。

私自身は新潟の地震の経験から、鵜呑みにしたりしないことや、むやみに拡散してはいけないことは認識はしてはいましたが、当時はそんな認識をリセットされてしまうような雰囲気で、麻痺してしまうような感じでしたね。

情報のソース、信用度など情報の検証をし続けていかないといけないなぁと再認識しましたね。

本に書いてあるような煽りやデマなど多かったからなぁ。ネタを撒き散らかしている人もいれば、そんなネタに右往左往している人も多く見かけました。

あんなことは起きてほしくないですが、起きてしまったときに心がける姿勢が大切ということですね。

mambo_no5 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 03, 2014

パティオにいがたの落ち着かないトイレ

パティオにいがた
2004年で決壊した刈谷田川は、その後治水として河川のルートを変更する大きな処置がなされました。
河川だけでなく道路も変更され、町の景観は大きく変わったのでありました。
このパティオにいがた(道の駅)は変更された河川間を埋め立て他エリアが使用されています。
広々とした空間はこのへんでは異質ですね。
気持ちいいです。(でも暑い)

落ち着かないトイレ
そんな道の駅は中のデザインも素敵なのですが、このトイレは開放すぎて落ち着かないなぁww



mambo_no5 at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 11, 2014

震災から3年

運転見合わせ区間
今日で震災から三年経ちました。
震災から短期で復旧できるところは済んでしまい、だんだん単に復旧すればいいというレベルではない、難しい事例が残ってきている気がします。
JRも復旧スピードは遅くなっています。
復旧していない箇所は路線変更が必要だったり、大規模な改修が必要だったり、いずれも時間やお金がかかるところです。しかも不採算な路線も多いですからね。民間企業でもあるJRだとこのまま廃線なところもで出てくるんだろうなぁ。

と、ネガティブなことも書いてしまいましたが、今年こそ東北に遊びに行きたいですね。


mambo_no5 at 22:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 23, 2013

パティオにいがたオープンだそうで。

0010809700060588s
見附・道の駅「パティオ」オープン
にぎわいと防災拠点に

 見附市が刈谷田川防災公園に整備してきた道の駅「パティオにいがた」が23日、オープンした。今町地区のにぎわい創出に向け農産物直売所などを設置したほか、太陽光発電とバッテリーも備えているため停電時も電気を供給できる。大規模災害時には消防やボランティアの活動拠点としての機能も期待されている。市は年間80万人の来場を見込む。

 道の駅は、2004年に起きた7・13水害の後の河川改修でできた4・6ヘクタールの土地に、県が整備したヘリポートなどを備えた防災公園内に立地している。

 鉄骨平屋建てで、延べ床面積約1400平方メートル。事業費約7億7000万円。駐車場の収容能力は大型バス4台、小型車105台分。電気自動車(EV)の充電器も1台設置した。

 百数十種類の地元農産物が並ぶ直売所「健幸めっけ」、農家レストラン「もみの樹」などが営業を開始。水害の記録とその後の防災対策を紹介する「防災アーカイブ」もオープンした。

 直売所には早速、近隣の住民が詰めかけ、買い物の列をなしていた。

 7・13水害では家族が家からボートで救出されたという長岡市中之島の会社員は(39)は「水害のことは思い出したくないが、忘れてもいけない。アーカイブは子どもたちに勉強させるにはとても良い場所ではないか」と話していた。

 公園内には日帰りキャンプ場(テント50張り分)もあり、26日から営業を始める。道の駅内の管理事務所に申し込めば、無料で利用できる。道具は有料で貸し出す。予約、申し込みは、0258(94)6214。


思い起こせば713水害が発生したのは2004年。時間のすぎるのは早いです。
水害発生後、河川改修を行いショートカット
このショートカットによって空いた敷地3haを利用して道の駅を構築したとのことです。

今度帰省した時に寄りましょうかねぇ。

mambo_no5 at 10:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 03, 2013

長岡花火ですが、なんと東京でパブリックビューイングがwww

17760_492242390863286_1183726946_n
毎年8/1〜3は長岡まつりです。
世間的には花火で有名ですが、元々は長岡空襲の慰霊祭、鎮魂祭なんですよね。(これマメ)
こういう意味合いもあり、空襲の8/1から始まるため、お祭りが週末にかかるかどうかは周期的だったりするのであります。
今年は週末に行われるため、お祭りに出かけられる方も行きやすいのかもしれませんが、忙しくっていけない...そんなあなたの為に(?)東京でパブリックビューイングが行われているようです。

花火は生で観てなんぼかもしれませんが、一度観た人にとっては思い出す意味で良い試みかもしれませんね。

あぁ、長いこと観てないなぁ...

mambo_no5 at 22:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 11, 2012

あの日から一年ですな。去年の今日はというと...

ダウンロード
今日であの地震から1年。

毎日のようにブログを更新していますが、地震当日のことは全く記載していないので書いておこうかと。

当日は本拠地勤務でして、地震のあったタイミングは打ち合わせのため本拠地から別部署へ移動中でした。屋外に居たため建物の軋むような音などにびっくり。
塀沿いを歩いていたので塀の端まで移動して捕まってました。
地震がおさまったあと、本拠地に戻り、実験装置が電熱器を使用していたのでとりあえずシャットダウンしてから中庭に避難。

避難中にも余震があったりしながらも、ニュースで状況確認したり、twitterで安否確認してました。

当日予定していた飲み会は中止(厨房被害のため)
また個人的に気になっていた翌日のオープン戦(堀様の引退試合)も延期とのこと。

職場周辺の路線は全て止まってしまったため帰宅困難者続出。私は徒歩圏内だったため、帰宅する際に
”先着一名でバイク貸すよぉ〜”
と言い残して帰宅。

帰宅してTVを観て自身の凄さを実感。
なんだか脱力してしまった気がします。

そんな中、同僚が
”バイク貸してくれ〜”
と連絡あり。
同僚はバイクに乗って無事に帰宅して行きました。

色々あって疲れてしまったため、とりあえず早々に寝て、翌朝ものがあるうちに、ってことでスーパーに色々と買い出しに行ったんだっけな。

そんなことを思い出した一日です。

--黙祷--

mambo_no5 at 17:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

January 11, 2010

マリと子犬の物語


これも溜まっていた映画です。
こども・動物・別れと再開・地震・で、新潟
つぼが押さえられすぎまして、分かってはいるのに涙腺ダダ漏れになってしまいました。
それにしても動物の演技がすごすぎ。こんな動きをどうやったらさせられるんだろう?
あと、避難先の体育館が通っていた学校の第二体育館(現在は解体済み)だったのも懐かしかったなぁ〜
とまぁ、そんな感じで私にはこの手の映画は危険です。
”ウルルの森の物語”も見る気はないですけれど、危険でしょう。

mambo_no5 at 15:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

October 23, 2009

あれからもう5年

9137118a.jpg中越地震:大地が裂けた情景、今も脳裏に…発生から5年 - 毎日jp(毎日新聞)
死者68人、負傷者4795人を出した新潟県中越地震から5年を迎えた23日、県と被災地7市町の共催による合同追悼式が長岡市であった。遺族31人をはじめ、一般参列者ら約645人が出席し、犠牲者の冥福を祈り、黙とうをささげた。

 合同追悼式は07年以来2年ぶり。泉田裕彦知事は追悼の辞で「大地が裂け、見慣れた風景が破壊された情景は今でも脳裏を離れません。復興を成し遂げ、元気になった新潟をご覧いただくことが支援をいただいた方への恩返しと確信しております」と述べた後、遺族らが犠牲者の数と同じ68本のロウソクをともした祭壇に献花した。

 母(当時39歳)、姉(同3歳)と車ごと土砂崩れに巻き込まれ、4日後に皆川優太君(7)が奇跡的に救出された長岡市妙見町の現場にも献花台が設けられた。

 小千谷市塩谷地区で倒壊した自宅の下敷きとなった長男有希君(当時11歳)を亡くした星野剛さん(53)は「家族を亡くしてから忘れたことは一度もない。地震で私たちのような思いをすることがないよう、少しでも取り組んでほしい」と語った。【五十嵐和大】


あれからもう5年ですか。
当時は土曜日だった様な気が。
その時は実家も結構被害を受けてしまいましたけどね。
震源地付近はまだ爪痕が残っていますからね。忘れてはいけないことです。

mambo_no5 at 23:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 31, 2009

刈谷田川がショートカット

5518d966.jpg新潟日報 NIIGATA NIPPO On Line
刈谷田川の新河道に通水

 2004年の7・13水害で破堤した長岡市中之島地域の刈谷田川で、新河道の通水が31日、始まった。従来の蛇行部分をショートカットし、カーブを緩やかにした。新しい川に水が流れると、住民らが拍手を送り祝福した。

 刈谷田川は豪雨による増水で蛇行部分の堤防が壊れたため、川幅を広げ水の流れをスムーズにしようと、県が河川改修工事を実施。これに伴い67世帯が移転した。新河道に架かる中之島大橋などを含め、一連の河川改修費は約100億円。

 同日現地で開かれた通水式には、県や長岡市、見附市の関係者約40人が出席。午前11時、通水開始の合図で旧河道と新河道の境に残された土砂が重機で取り除かれ、緩やかに水が流れ込んだ。

 新河道の上を通る中之島大橋などに集まった約400人の住民は、拍手を送ったり、写真に収めたりして喜んだ。

 改修工事で移転した同市中之島の自営業、男性(43)は「新しい河道ができ、水害にもひと区切りついたのでは。災害に強い川ができるのはうれしい」と話した。

 旧河道は埋め立てられ、新たにできる約3ヘクタールの土地は広場になる。

新潟日報2009年8月31日


ここ数年、行く度に姿が変わっていたエリアですが、新しい水路に水が通ったようですね。
また次に見るときには違った景色なんだろうなぁ。

それにしても補修費が100億円ですか。
すげぇ...

mambo_no5 at 22:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 29, 2009

昭和のまぼろし―本音を申せば〈2〉 / 小林信彦


これも夏の旅の途中で読んだ本です。
2005年に連載されていたエッセイ集です。

今読み返すと懐かしいこと、現在を見通したかのような内容があったりと、しみじみと感じますね。

新潟(中越)地震のその後の様子を書かれていますが、こんなタイミングで静岡でも地震が起きてしまったりしてますからね。
やっぱり地震国ですね...


mambo_no5 at 16:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 11, 2009

地震といえば

つきものなのが、しょうもない報道ですね。

最初の速報まではともかく、それ以降はひどいもんですね。
誰に向けた放送なんだか。
(野次馬向けですよね)
現地の人や、現地にいる家族、知人の安否を確認するために有用な情報は皆無ですよね。

以前は何となく流していましたが、実際に身内が被災したときから感じちゃっています。

こんな姿勢だと、実際に都心が被災したときには全く役に立たないんだろうなぁ。なんて思ったのでありました。

mambo_no5 at 22:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 24, 2009

本音を申せば / 小林信彦


2006年の頃に連載されたエッセイです。
この中で感じたポイントは二つ。
1.言葉狩り/言論統制
当時、著者が書かれた内容がきっかけで週刊誌が回収になった事例が書かれています。弾圧は雑誌やテレビから始まる...など書かれていますがそういう雰囲気はありますよね。私はラジオッ子なのですが、色々なニュースに対してもテレビとはだいぶ論調が違いますからね。

2.中越地震
著者のお子さんが小千谷に嫁がれたそうで、ちょうど出産間近と会って色々な顛末が書かれています。私も当事者(実家が被災エリア)でしたので、当時のことを色々思い起こしましたね。
・報道(特にテレビ)のひどさ
  ヘリコプターうるさすぎ(これは実感しましたねぇ)
  被災者に対するインタビューのひどさ、報道の偏り
・行政の対応
  初動の悪さ、などなど。
  やっぱり現場に行かないと分からないことも多いですよね。

などなど、そんなことを思い出した一冊なのでした。



mambo_no5 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

January 14, 2009

日本沈没


風邪をひいて寝ていたときに見てしまった映画の一つ。(借りたまま観てなかったんですよね)

オリジナルなどを見ているためにちょっと引いて観ちゃいましたね。
都合の良すぎる展開、主人公達だけはキレイだし。どうもねぇ。

それはそうと、前半でいざというときに”何もしない”という選択を示唆した点。

う〜ん、と思ったりもしましたが、実家が地震にあったときに父親は、停電で真っ暗な中で、いつも通り酒を飲んで、みんな危ないからと外に出ている中、部屋で寝ていたそうです。
立場、というか守らなければならないものや、人生でやり残したこと、未練などで変わってくるのでしょうかね?
まぁ、父親の場合はめんどくさかったのかもしれませんが...

mambo_no5 at 21:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 20, 2007

夏の18きっぷ振り替えだそうで...

北越急行株式会社


地震の影響で信越本線は停止中ですが、18きっぷシーズンを前にほくほく線が振り替え輸送をされるそうで。

こんな状況下で少しでも観光客を...という感じなのでしょうかね。
頑張って欲しいです。新潟。

mambo_no5 at 21:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote