読み物

July 22, 2020

五島勉さん逝去


作家の五島勉さんが先月お亡くなりになられたようです。
五島勉さんといえば、「ノストラダムスの大予言」ですよね。
兄が持っていた本を小学校の頃に結構読んだなぁ。
本気で信じてはいませんでしたが、この世の終わりというものがあるとしたらどうなるんだろう?と考えるキッカケになったかもしれないですね。
実際に1999年の7月に、すこーしだけなにかあるかなぁと少し考えちゃいましたけどね。
結果何も起こりませんでしたがw

私の世代には色んな意味で心に刻まれたネタでしたよね。

ご冥福をお祈りします。

mambo_no5 at 15:27|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 06, 2020

おひとりさまの老後対策 大村大次郎


これも図書館で借りた本です。
これから老後に向かう40代くらいの人に向けた内容ですね。
住処をどうするのか、お金をどうするのか
実際にはこのへんをどう確保するか、なんでしょうね。

個人的には早めにリタイヤして好きなことして暮らしたいなぁ。と思ってしまいますよ。なかなかそうは行かないのでしょうけどね。

mambo_no5 at 20:26|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 05, 2020

二重国籍と日本 国籍問題研究会


これも図書館で借りた本です。

蓮舫議員の騒ぎに関連したいろんな事例、今の問題などを定義してくれています。
議員の二重国籍先が台湾だったこともあって複雑なことになっている事がよくわかりました。建前上中国は一つ、の対応のためにわかりにくくなっているようですね。

後半に、色んな理由で日本の国籍を剥奪された例を挙げられていたりもします。
個人的に二重国籍になるケースが有っても構わないとは思いますが、二つの旅券を使い分けたりするような、既得権利を都合の良いように使うようなケースはどうなのかな?と思ってしまいます。
複数の旅券をリンクできるように慣れば良いのかもしれませんが、そうもいかないんだろうなぁ。





mambo_no5 at 20:25|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 30, 2020

相談しづらい 受診しづらい 体のお悩み 奈良信雄 田中圭一


ご近所の図書館が復活し、久しぶりに借りてきました。
借りてきたのは4冊。

この本はなんと言っても田中圭一の挿絵に目を引かれて手にしてしまいました。
中には手塚治虫モードや、ドクター秩父山まで目にすることができますね。

それはそうと、いい年齢になってくるといろいろガタが出始めますからね。
気にしないとなぁ。

mambo_no5 at 11:32|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 29, 2020

古田式 古田敦也 周防正行


図書館のリサイクル本で頂いたものです。
2001年の本ということで、ヤクルトも若松監督になり、古田が一番良かった頃ですね。
この数年後には球団と選手会でもめてストライキを起こすなんてことは考えてないだろうに。
古田さんが書いたものではなく、映画監督で有名な周防正行さんとの対談&交流&妄想ですね。キャンプ地での投球(キャッチボール)に向けたネタがなかなか面白いですね。
球団のファンにしてみたら夢のような話だろうなぁ。

mambo_no5 at 11:31|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 23, 2020

なぜ美術館に通う人は「気品」があるのか。 品格を身につける57の工夫 中谷彰宏


これも図書館で借りた本です。
タイトルにちょっと惹かれれ手にしたんですが、いざ読み始めようとしたら著者は中谷彰宏でした。
内容はいつもの中谷節ですね。
まぁわかりますけど、そんなの先立つ物があってからだろう、と。
気品というものは手にすることはできないだろうなぁ。

mambo_no5 at 14:24|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 18, 2020

東京の美しい本屋さん 田村美葉


これも図書館で借りた本です。
東京にあるシャレオツな書店が紹介されています。
こういう書店は都内でないと成立しないんだろうなぁ。
こんな書店を訪問すると、いい雰囲気で素敵な時間を過ごせるんですよねぇ。
最近はすっかり本屋に行く機会がなくなったなぁ。(子供と行っていると気が気でないといいますか)

mambo_no5 at 14:12|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 16, 2020

ローカル鉄道の解剖図鑑 岩間昌子


これも図書館で借りた本です。
ローカル鉄道と言われている駅舎などのイラストが書かれています。
旅行で訪問した駅や車両も多くあり懐かしいなぁ。
行ったことがないところも多くあり、色々と行ってみたいなぁ。
あぁ、こんな時期だからこそ旅に出たくなるなぁ。

mambo_no5 at 14:07|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 12, 2020

撮らずにいられない鉄道写真 中井精也


これも図書館で借りた本です。
10年ほど前に出版された本で、彼の鉄道写真に対する取り組み方や姿勢などが書かれています。いろんな番組などを通じてお見かけしますが、その時の姿勢からぶれていないですねぇ。
そのくらいのゆるめなスタンスだからこそ多くの人に受け入れられるのかもしれないですね。趣味でなく、仕事レベルでそのようなスタンスがとれるのはすごいなぁ。
趣味でも根を詰めるとつまんなくなったりしますからね。

mambo_no5 at 11:07|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 05, 2020

箱根の山に挑んだ鉄路 「天下の険」を超えた技 青田孝


これも図書館で借りた本です。
箱根登山鉄道ができるまでの経緯や、東海道線や小田急線との関係、戦前の路線構想などなど、実際の風景を想像できるとなかなか楽しいですね。
戦前の路線構想ができていたら結構変わっていただろうになぁ。(全線じゃなくても元箱根まで開通していたらなかなか素敵な気がします。妄想が捗るなぁ)

mambo_no5 at 16:35|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

May 31, 2020

ドラえもん 爆笑編


子供向けにドラえもんの本を家内がメルカリ経由で入手しました。
お部屋に転がっていたもので手にして思わず読んでしまいました。

読んでみるとあらかたの作品は読んだことがあるものでしたね。
こうして思うと、子供の頃に読みまくっていたんだなぁとしみじみ。
楽しみながらいろんなことを学んでいたように思えますね。
昔は楽しめるネタも少なかったから何度も読みふけったっけなぁ。

mambo_no5 at 15:03|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

JR30年物語 分割民営化からの軌跡 「旅と鉄道」編集部


これも図書館で借りた本です。
JRが30年の際に書かれた本のようです。
いろんなイベントをあらかた覚えていたりしますね。
色んなものが生まれ、なくなっていきました。
圧倒的になくなったのは線路と駅員さんですね。
駅員は本当にいなくなったもんなぁ。仕方ないんでしょうけど。

これからの30年ってどうなっているのかなぁ。
特に地方が厳しいんだろうなぁ。

mambo_no5 at 15:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

宝塚受験 世界にひとつしかない夢 川路真瑳


これも図書館で借りた本です。

宝塚歌劇団に入団するための学校の予備校を運営されている元宝塚の方が書かれた本です。
著者のことを書かれている部分も一部ありますが、多くは受験などのエピソードが多く書かれています。中学卒業から高校卒業タイミングまでしか受験できない、しかも今は倍率が20倍以上という難関なので、いろんなドラマがありますね。

才能だけでも努力だけでもない、トップスターの方々は本当に両方なんだなぁということを実感させられます。
また、15−18歳という貴重な時期を宝塚に向けたことにのめり込めるということはある意味貴重な財産なのかもしれないですね。
そんなことを感じた次第です。

mambo_no5 at 14:57|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

庭煙鉄道趣味 庭蒸気が走る毎日 森博嗣


これも図書館で借りた本です。

庭で実際にミニチュアの鉄道を走らせている人たちの活動の本です。
鉄オタのある意味終着点ですよね。
しかも実用ではなく完全に趣味という。

本当に好きなんだろうなぁ。
ここまで極めている人たちって本当に楽しそうですよね。
ある意味羨ましいです。

mambo_no5 at 14:52|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

May 03, 2020

雇用大崩壊 堀江貴文 前田貴洋


これも図書館で借りた本です。

ホリエモンの名前を出してはいますがほとんど関係ないです。
AI化、ロボット化などで人でなければいけない仕事ではない業務は徐々に置き換わっていきますからね。
その分何をやるか。
AIや機器などで置き換えられないこと、創造的なこと、付加価値の高いこと、などなんだろうなぁ。
そういう事ができないと、仕事を失うというか、別の業種などに移らざるをえない状況になるんだろうなぁ。

なんてことを感じた次第です。

mambo_no5 at 16:28|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック