読み物

August 05, 2018

10年後の仕事図鑑 新たに始まる世界で、君はどう生きるか 落合陽一 堀江貴文


これも図書館で借りた本です。

落合陽一と堀江貴文の共著という、なんでもありな本ですがなかなか面白かったです。
10年後の仕事と言っても、1年先もわからないという前提ですが各仕事について予想が書かれています。
あくまでも予想なのでしょうが、実際にはなくなってしまうような仕事も多いのでしょうが、いきなり切り替わるというよりも、補助的な運用で割とゆっくりと進んでいくのかもなぁ、と感じますね。

mambo_no5 at 15:09|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 04, 2018

犬房女子 犬猫殺処分施設ではたらくということ / 藤崎童士


これも図書館で借りた本です。

犬猫の管理センター(処理施設)にて、処理数の削減などに取り組んだ女性職員の話なのですが、なかなかつらい話が続きます。
このような考えがあったとしても、担当に丸投げされていて同僚や上司の同意が得られておらずそれを含めて奮闘しています。しかもその担当は正社員ではなく、臨時社員という...ひどい話ですよね。
このような話を進めるのであれば組織の総意で進めないと無駄に内部で浪費してしまいますよね。
案の定奮闘していた女性たちは精神的に病んで辞めていくという。
辞めたあとに上(県)の指示というか方針によって当初の考え方がすんなりできてしまうあたりはなんだかなぁと。
ちょっと進めるにあたって筋の悪いやり方だったんだろうなぁ、という印象です。
でもお役所だと難しいんだろうなぁ...

mambo_no5 at 14:59|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 31, 2018

地方発ヒットを生む 逆転発送のものづくり 「稼ぐ地方」へ脱皮しよう / 渡辺和博


これも図書館で借りた本です、

地方の商品、名産品などをヒットさせるためのノウハウのようなことが書かれています。性能ではなく、それによって何ができるか?どんな価値をもたらすか?というモノではないことをどう消費者に伝えられるか?
ということに終始していました。
15年ほど前から言われていることですが、なかなか地方や中小企業には浸透していないことも多いんでしょうね。
でもこのような考え方は今でも普通に有効でして、単なるスペックだけではない価値をいかに消費者に届けられるか?ということなんでしょうね。

mambo_no5 at 07:38|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 26, 2018

関東私鉄デラックス列車ストーリー のったりゆったりプチ鉄道旅行 / 渡辺史絵


これも図書館で借りた本です。

関東の私鉄の優等列車、その歴史について書かれています。
表紙のGSEに惹かれて手にしてしまいました。
他の私鉄の例も書かれていますが、鉄道好きにとっては小田急線沿線に住むというのはいろんな車両を見られるという意味でいい環境だなぁと感じますね。
LSEも引退しましたし、今後GSEが増えていくのかなぁ。
小田急だけでなく、他の私鉄の優等車両にも乗りたいものです。

mambo_no5 at 22:14|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 24, 2018

話がゼンゼン伝わらない・・・ が消えてなくなる本 / 瓜生健一


これも図書館で借りた本です。

物事の伝え方というのはなかなか身につけるのは難しいもので、仕事をしてある程度経ってから気をつけながらするようになってきたかもしれないですね。
最近は報告をするのではなく、聞くことも多くなってくると、逆にどのように伝えないと、感じるようになってきていたりします。
同様のことでも伝わるような文章を書くのはまた一段違った難しさかもしれないですね。日々是訓練なんでしょうね。

mambo_no5 at 23:04|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 23, 2018

子供の性同一性障害に向き合う / 西野明樹


これも図書館で借りた本です。

いろいろと話題のLGBTです。
最近なんだか腫れ物に触るような雰囲気になってきていますが、だからこそ知らぬ存ぜぬではなく、ある程度わかった上で振る舞いたいものです。
著者もTのようですが、この本では理解をどのようにするかではなく、子供がそのような際に周りの人間がどのように振る舞うか?というものですね。

まぁこのときの振る舞い方自体が腫れ物に触るような感じなのが、苦笑いな状態ですよね。対応としては難しいところですね。

mambo_no5 at 23:02|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 17, 2018

うちの子、言葉が遅いかな? どんどん言葉が増えていく遊び方 / 金子保


これも図書館で借りた本です。

ふと手にとってみたのですが、一般に言われている事が基本的に書かれていますね。
声掛けや笑いなどなど。

実際には子供の成長って人それぞれなので一概にどれがいいとは言えないところが難しいところ。試行錯誤していくしかないんですけどね。

mambo_no5 at 22:13|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 12, 2018

おひとりさま vs ひとりの哲学 / 山折哲雄 上野千鶴子


これも図書館で借りた本です。

男女ともに独り身の人が増えていますし、相方と別れたり先立たれたりしても一人ですからね。
最後に一人で人生を終える際に、男女によってスタンスが異なるようなことが書かれていたりします。
野垂れ死にたい、とか言う割に本気でなかったり、沖縄の離島に死にに行くと言う割に介護や医療を使いまくったりなど男の人はそういう人が多いとのこと。
確かにそうかもしれないなぁ。
私も若いときに40までに死ぬ、なんてことを言っていたりもしましたが。気がつけばそんな年をとうに超えてますからね。年とったところで人はそんなに変わらないもんなのですよ...

mambo_no5 at 17:37|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 11, 2018

温度と熱のはなし 科学の眼で見る日常の疑問 / 稲葉秀明


これも図書館で借りた本です。
タイトルの通り温度や熱にまつわる事象に関して解説付きで書かれているため読んでいて面白いですね。
当たり前のように扱っていることも解説があると見方が変わりますね。

mambo_no5 at 17:34|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 10, 2018

おたからサザエさんΑ/ 長谷川町子


これも図書館で借りた本です。

「東京ポッド許可局」にて話題になっていた本なのですが、ちょうど入荷していたものが目に入ったので借りてみました。
新聞に連載されていた4コマ漫画の中で、単行本に収録されなかった作品ばかりを抜き出したとのこと。どんな内容かというと時事ネタが多く、今読んでも全く意味がわからない物が多いのですが、別途解説があるので、それを読んで「なるほどねぇ」となるのでありました。ほぼ歴史書のようなものですな。漫画を楽しむという意味合いとはちょっと違うかもしれませんね。
それにしても6巻か。どれだけ漏れたネタがあるんだろう?

mambo_no5 at 17:32|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 05, 2018

「毒親」の正体 精神科医の診察室から / 水島広子


これも図書館で借りた本です。

毒親について書かれている本なのですが、著者が精神科医ということもあるのかもしれませんが、本著では原因として親が発達障害であるケースが多く記されています。

この本での「毒親」は子供にとって通常でない対応をしていることを定義されていますが、子供向けだけではなく、対外的な行動もよく「毒親」として扱われているかもしれませんよね。

でも、本著に書かれているように家の中では親や家族がほとんどになりますから、なんだかうちはおかしいな、と感じるのは結構大きくなってからでしょうからね。そう感じると親と子の信頼関係はぐらつき始めちゃうでしょうから、難しいところですよね。
そんな事を考えたりしてしまいました。

mambo_no5 at 16:39|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 03, 2018

戦略的「モードチェンジ」のすすめ 45歳の教科書 / 藤原和博


これも図書館で借りた本です。
45歳からのモードチェンジ。
身に染みるタイトルですね。こういうネタは結構深刻なんですよね。

昔から、自分なりに売りとなるスキルの三角形を描けるように、なんてことを言われていますが、なかなかツボを付いたような三角形は描けないもので、いびつだったりするんですよねぇ。

もとから持っているスキルを磨いたほうがいいものか、何かとの合わせ技がいいものか。近視眼的なのか、長期的にどう考えるか。
いろいろと迷うところですねぇ。難しいところです。

mambo_no5 at 16:29|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 02, 2018

少女のための性の話 / 三砂ちづる


これも図書館で借りた本です。

まさに少女向けの本なので、私が読むのは謎だったりもするのですが、子供を持つようになると、子供がこれから向き合うであろうこのような問題にも思わず向き合うようになってしまうんですよね。
とは言っても、直接対峙することは無さそうなのですが。
女の子を持つ親御さんは大変ですなぁ。

mambo_no5 at 16:27|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 29, 2018

JASRACと著作権、これでいいのか 強硬路線に100万人が異議 城所岩生


これも図書館にて借りた本です。
ここ最近ニュースで話題になっているJASRACの振る舞いにたいして、いろいろと問題提起してますね。
権利は大事と思いますが、最近は問題が起きないように著作権フリーの利用が増えたりして街から音楽が消えてきているのもまた事実なんですよね。
まずはフリーで市場を活性化させて、それから回収するのが当たりの筋泣きもするのですが。目の前の日銭を稼ぐのに躍起になってしまうんですかね。

mambo_no5 at 06:39|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 28, 2018

描かれた歯痛 白と黒および神経からなる歯科治療挿絵 / リチャードバーネット


これも図書館で借りた本です。
歯科技術の進化を絵柄を軸に描かれています。
昔はとにかく抜くしか対処方法はなく、その抜歯自体にも危険が伴っていたようで読んでいるだけで痛くなりますねww
また、その昔は普通の医者に対して一段低く扱われていたりといろいろな経緯があるんですね。麻酔や電動器具が整備されたりしてようやく現在に近い形になったのはこの100年程度なんですねぇ。今の時代で良かったわい。

mambo_no5 at 06:38|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote