読み物

July 11, 2019

新 きっぷのルールハンドブック 土屋武之 


これも図書館で借りた本です。
タイトルが気になって手にしましたが、割と知っていることが多かった気がします。
長距離で安くなる例ってのは普段なかなか使う機会がないんですよねぇ。
こういう本を読むと旅に出たくなりますね。

mambo_no5 at 22:17|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 10, 2019

それでも安全保障の最前線に立ち続ける理由 沖縄を守る人々 竹中明洋


これも図書館で借りた本です。

前線というとなんですが、領海侵犯の多い沖縄周辺において配備されている部隊についていろいろと書かれています。
反対されている方々もいらっしゃいますが、このような状況だと増強していくことはやむなしなんだと思いますけどね。全体を考えたら仕方ないと思うのですが。
それにしても、そのような風当たりの強いところで頑張っていらっしゃる方々、ご苦労さまです。

mambo_no5 at 22:15|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 02, 2019

ヒメゴト


やや倒錯的な感もありましたが、10代後半ってこんな部分もあるよなぁ、と思いながら一気に読んでしまいました。
途中までは登場人物の関係がいい感じだったのですが、後半はややなんだかなぁという感じだったかもしれませんね。
こういう作品、嫌いじゃないですね。

mambo_no5 at 06:09|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 24, 2019

南極ではたらく かあちゃん、調理隊員になる 渡貫淳子


これも図書館で借りた本です。
南極(昭和基地)の女性調理部員の記録のような作品です。
南極料理人に触発されて南極隊員を志した方のようで、三年目の挑戦で達成されたようで、すごいなぁ。

あと、悪魔のおにぎりの原案はこちらのようなのですね。まだ食べたことがないですけど、食べてみようかなぁ。

南極料理人とは異なり、真面目な内容が多いですね。二人交代の相方さんとの関係や、トラブルやミス。人数が多い故に起きる問題などなど、生々しい問題も書かれていて面白いですね。興味はあるけどほぼ一年隔離生活ってのは大変だろうなぁ。戻ってきてからも南極ロスになる人も多いようですし。
※体力や健康面的にもうNGかな?

mambo_no5 at 21:41|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 20, 2019

私の家系図物語(ヒストリエ)渡辺宗貴


これも図書館で借りた本です。

家系図は私も興味あるんですよねぇ。両親ともに兄弟が多く、最近少しずつ亡くなられる人もいたりしますから。
あと、母方の祖父は戦死しているのですが、従軍中にどのような生活をしていたかを調べられるのも今のうちですからね。
この辺に取り組もうかなぁ。
なんて考えてしまいました。

mambo_no5 at 21:21|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 19, 2019

異文化理解の問題地図 「で、どこから変える?」グローバル化できない職場のマネジメント 千葉祐大


これも図書館で借りた本です。
どんな職場でも同僚に海外から来ている人が入という方は大分と思いますが、そのような異文化の方々とどう対峙するかということがいろいろと書かれています。
日本人同士とは違い、明文化、明確に依頼、指示すること、本音と建前は使用しない(断った上で使用する)など、最近の流れだと普通に日本人同士でも必要なやり方なのかもなぁ、と感じましたね。(最近はこのような考え方の人が多いそうですし)

でも、普通に実力ベースで採用したりするとこうなっちゃいますよね。


mambo_no5 at 21:20|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 18, 2019

硫黄島 国策に翻弄された130年 石原俊


これも図書館で借りた本です。

硫黄島を初めて意識したのは学生の頃に城山三郎の「硫黄島に死す」を読んでそこを軸に色んな本を読んだりしましたし、10年ほど前に硫黄島での戦いが日本側、アメリカ側両方の視点で映画化されたりと注目も浴びましたよね。

この本では硫黄島の発見から入植、プランテーション化、戦時下の対応、帰島に向けての活動などが書かれています。
硫黄島も大東島と同じようにプランテーション(小作農)されていたりしたこと、戦争の際に100名程度は動員されて多くの人が犠牲になっていることを知れたのは収穫。
本の中で指摘されているように、私も映画の印象をそのまま受け、全員疎開されているものと認識していましたよ。
実際当時生活されていた方は数えるほどになっていますから、なし崩し的に帰島はできないままなんだろうなぁ。

mambo_no5 at 21:19|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 13, 2019

私がおばさんになったよ    ジェーン・スー


これも図書館で借りた本です。
ジェーン・スーさんの新刊(対談集)です。こういう本が入庫されるのはありがたいですね。
文中にも書かれていますがライムスター宇多丸さんのタマフルに乱入し始めた頃から聞いていたりしますが、最近はすっかりTBSラジオのお昼の顔って感じですもんね。
確かに出始めてこられた頃のような刺々しさはゆるくなったのかもしれませんが、人あたりや鋭さは相変わらずですよね。
私も地方から出てきたものなので、東京生まれ、育ちの人の考え方や感触ってのを改めて感じた気がします。私はそこそこ田舎くらいがちょうどよく感じちゃうんですよねぇ。

話はホントは全く変わってしまいますが、宇多丸さんもスーさんも帯ラジオの人になってしまったので、ラジオを聞く機会が全くなくなってしまったなぁ。週一くらいだとありがたいのですが。

mambo_no5 at 20:24|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 12, 2019

大人の男 海外ひとり旅 伊藤伸平


これも図書館で借りた本です。
「地球の歩き方」に関わっていられた方が、熟年男性に海外ひとり旅をすすめるというもの。こういうのを読んでいるとたびに行きたくなっちゃうなぁ。
あと5年位は難しいのかなぁ。
台湾かサハリンに行きたいところです。

mambo_no5 at 20:21|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 11, 2019

「地図感覚」から都市を読み解く 新しい地図の読み方 今和泉隆行


これも図書館で借りた本です。
地図のいろいろな情報から読み取ることを、著者は「地図感覚」と定義して解説してくれています。道の幅、直線性や、街の名称、都市の中心部と駅や高速道路の位置づけなどからいろいろと推察するというのはなかなか面白いものですね。実際古地図と比較したりすると面白いですもんね。
あと、地図が読めない人は多くある情報の取捨選択ができないためであり、レイヤーで考えるこちが必要などとの提案が。でもきちんとレイヤーで管理できるのはしっかりした地図ソフトだけなんだよなぁ。

mambo_no5 at 20:19|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 10, 2019

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。 宮川サトシ


これも図書館で借りた本です。
映画にもなっていたことを知っていたので思わず手にとってしまいました。
題名のような猟奇的な内容ではなく、親子の愛ですな。末っ子男子は母親のことが好きなことが多いですからねぇ。いろいろ心配かけながら、妙に楽観的だったり。
いろんなエピソードが読んでいて微笑ましいですよね。
なくなるまでそんな関係でいられたことが羨ましいです。私なんて早々に家を出て気がつけば実家にいた期間よりも出てからのほうが長いですもんね。
せめて、という感じでなるべく子供を連れて実家に顔を出したいなぁと。

mambo_no5 at 20:18|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 09, 2019

平和への祈り 手塚治虫からの伝言 中野晴行監修


これも図書館で借りた本です。
5冊あるシリーズの三冊目ですね。(借りている図書館はみんな揃えたのかなぁ)
ベトナム戦争や二次大戦のネタを扱っているものが多いです。
結構悲惨な絵を書くことが多い作者ですが、平和のメッセージ性のある作品が多いですよね。
しかも直接ではなく、う〜ん、と考えさせられる展開も多いですしね。

mambo_no5 at 20:15|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 06, 2019

ふらりと寄席に行ってみよう 佐藤友美


これも図書館で借りた本です。

最近落語が世間的に人気であり寄せにも多くの人がいらっしゃるとのこと。
私も20年くらい前、一時期しょっちゅう行っていたことを思い出します。
よく行っていたのは末廣亭で、昼の部の最初から夜までずっと見て、そのまま新宿の映画館でオールナイトして、朝帰ってくるようなことをしてました。(元気だったなぁ、今は無理だろ)

放送ではないからシモネタも多かったな。当時柳昇師匠を観ることができたことを思い出したりします。
また見に行きたいものです。

mambo_no5 at 08:58|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 31, 2019

映画狂乱日記 本音を申せば 小林信彦


珍しく借り物ではなく、今年の春先に購入した文庫本を読みます。
文庫本も高くなりましたよね。イメージ的にはワンコイン程度の厚さなんですけど八百円代ってなると割高感を感じちゃいます。

2014年のコラムなんですが、ちょうど海街ダイアリーが公開されたときで、やたらと押していますね。(非常に良い映画なのですが)
震災以降(原発事故以降)だと思いますが、文章の中に反安倍、反自民な文言が目立ってきていますよね。2014年時点でこんな感じですから、今はどうなんだろう?
年齢のせいもあるのだと思いますが、新しいことを受け入れられなくなってきて、過去のネタで生きている感が増えてきているような気がします。シネコンやストリーミングサービス、などをを使いこなせばもっといろんなことができそうな気もしますが。もうそういう年齢じゃないんだろうなぁ。

mambo_no5 at 06:08|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 27, 2019

快楽天コンビニ最終

あの快楽天がコンビニ販売終了とのこと。
こんなところにも規制が入ってしまうと思うとなんだか寂しいような気もしますね。
コンビニ終了記念で特集をしていましたが、以前は村田蓮爾の表紙が印象的でしたよねぇ。
表紙が非常にきれいなのに内容はエロという......ギャップ萌え?
次号からは書店や通販限定になってしまうんですよね。どうなるのかなぁ。

mambo_no5 at 05:52|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote