読み物

September 05, 2019

平成野球30年の30人 石田雄太


これも図書館で借りた本です。
平成の間にNumberで連載された記事がまとまったものです。
平成30年分ですから結構読み応えがありますね。
平成元年が中畑というのが時代を感じるけどたしかにそうですよね。
※ちなみにロッテ戦士は誰も取り上げられていません、
これから先令和の時代もこのようなドラマが生まれるのかなぁ。


mambo_no5 at 20:42|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

September 03, 2019

薬を使わずにぐっすり眠る方法 大谷憲


これも図書館で借りた本です。

あまり期待はしていませんでしたがアタリマエのことが書かれていますね。
身体が資本なのでなるべく睡眠は確保しないと持たないんですよね。
どんな時間に寝ても同じ時間に起きてしまうので、あまり夜ふかしはできないんですよね。
色々と喜にして生活をしないとパフォーマンスが出せないような年令になったということかなぁ。ちょっとさみしいですが。

mambo_no5 at 20:36|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 29, 2019

セルフネグレクトと父親 虐待と自己放棄のはざまで 石川瞭子


これも図書館で借りた本です。

男親のセルフネグレクトに関する内容です。
精神的など色々と病んでしまった結果、セルフネグレクト(自己放任)になるケースを扱っています。このようなケースは本書を読んで状況を想像するとあり得るかもなぁと思っちゃいますね。男親ということでコミュニティ生成が難しかったりしてそのような状況に落ち込んでしまうのかもしれませんね。
問題が生じるまで表沙汰にならないでしょうし、難しい問題かもしれないですね。



mambo_no5 at 18:28|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 28, 2019

満腹の情景 ”日本の食”の現在 木村聡


これも図書館で借りた本です。
日本における食について色々と書かれています。
きれいな面だけでなく、食品の廃棄や外国人労働者なども含めて書かれており。問題提起的な内容ですね。
実際に食品産業にバイトレベルででも経験したり、自分で野菜などを育てたりするときれいごとではすまない状況なのはわかりますけどねぇ。
単なる消費者が騒いでも他人事レベルに感じますよね。


mambo_no5 at 18:22|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 27, 2019

課題最先端「空間」の闘い 団地と移民 安田浩一


これも図書館で借りた本です。

移民と団地(コミュニティ)の関係性に着目し色々と書かれています。
 ブラジル移民の方の団地コミュニティ
 フランスにおけるアフリカや中東からの移民の団地コミュニティ
 中国残留孤児の団地コミュニティ
などが紹介されています。
私の住んでいるところでも、コミュニティとまではいかなくとも、それなりに日系ブラジル人の方はいらっしゃったりしますからね。
3世以降の方だと思うおのですが、見た目は全く日本の方と変わらないですからね。(言葉だけが違うという)

それと残留孤児の方にはちょっと衝撃。
30年くらい前から残留孤児の話も下火になり、その後どうなったんだろうと思っていましたがこのような状況になっていたのは。確かに援助は最低限だろうし、言葉も不自由だったりするとそのような感じになってしむのかもなぁ。
なんだか難しいものです。

mambo_no5 at 18:21|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 23, 2019

おにぎりの文化史 おにぎりはじめて物語 横浜市歴史博物館


これも図書館で借りた本です。

日本においておにぎりが何時からあるのか?形や具、味付けなどの歴史について書かれています。
一番驚いたのが、遺跡に残っていた炭化したおにぎりがあったことですね。
まぁ、米を調理して食べる文化ができているのならば、その食べ方にも色々とバリエーションも出てくるでしょうしね。そこまで歴史があると思うとなかなか面白いですね。

mambo_no5 at 18:06|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 22, 2019

過労死 その仕事、命より大切ですか 牧内昇平


これも図書館で借りた本です。

過労死の事例や、なりかけの状態(危険信号)の例が紹介されています。
最近は働き方改革のようなことが言われていますが、ちょっと前まではひどかったですからね。体調やメンタルを崩したりす例をよくみましたからね。自分も怪しかったことはありますし。そんな事もあってか、そのような気配は察せるようになっちゃいましたけどね。(これは良いのか悪いのか)
そんなふうにすり減らすような動きは良くないよなぁ。


mambo_no5 at 18:01|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 21, 2019

いまどきの死体 法医学者が見た幸せな死に方 西尾元


これも図書館で借りた本です。

監察医によって書かれた、検死を通じた色々なエピソードが書かれていますね。
検死というと悪いイメージがつきものですが、ケースによっては検死によって無実が証明できたりするケースも有るようですね。そのようなケースに遭遇しないことを願いますが、遭遇した際にも適切な対応ができるようにしたいものですね。

mambo_no5 at 17:58|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 20, 2019

日本懐かし駄玩具大全 堤哲哉


これも図書館で借りた本です。

懐かし物といいますかこの手のシリーズは何冊か借りていますね。
今回は駄菓子屋ネタです。
いろいろ遊んだよなぁ。(といってもそこそこですが)
爆竹やかんしゃく玉。煙幕などなど、いろいろとイジイジしたりいたずらもしましたしね。
あやしいバッタ物も多いですし。

とまぁそんな時代でした。
そんな時代が良かったとは思えないですけどねぇ。

mambo_no5 at 17:56|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 19, 2019

日本醗酵紀行 小倉ヒラク


これも図書館で借りた本です。

日本の中にあるあらゆる醗酵食品の現場取材、というか旅行記ですね。
日本中の知らないことがいっぱい書かれていて興味深いです。
青ヶ島の焼酎の造り方
妙高のかんずり
瀬戸内のお酢
ほぼ消失仕掛けている郷土料理を取り上げているなど面白いよなぁ。

地方に行ってスーパーマーケットに入るのって面白いもんなぁ・

mambo_no5 at 17:53|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 17, 2019

特殊清掃の現場をたどる 超孤独死社会 菅野久美子


これも図書館で借りた本です。
以前、ザ・ノンフィクションで観たことがありましたが、なかなかすごい世界ですよね。
TV番組のときは流石にひどい案件は放送されなかったでしょうけれど、もう文章から臭ってくるし変な感触まで感じちゃいますもんね。
夏場がピークというのも生々しいことこの上ないですよね。
紹介されている方々はできた方ばかりですが、実際には足元を見るような業者も多いんだろうなぁ。
孤独死は仕方ないかと思うけれど、特殊清掃のお世話にはなりたくないなぁというのが実感です。


mambo_no5 at 17:48|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 15, 2019

不便益のススメ 新しいデザインを求めて 川上浩司


これも図書館で借りた本です。

あまりに自動化など便利になりすぎるのではなく、適度に不便なことを楽しんだり、生きがいにするようなことを意識することが書かれています。

私も旧車に乗り続けていたり、マニュアルのバイクに乗ったり、めんどくさいカメラを使用したりなどしてますからね。何でもオートがいいってわけではな行ってところには同感です。車の自動運転もブレーキの補助レベルまでだろうと考えていたりします。なんとか現役で運転する間は好きに運転することができるまま逃げ切れるんじゃないかなぁ。

mambo_no5 at 16:57|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 14, 2019

教養としての平成お笑い史    ラリー遠田


これも図書館で借りた本です。

平成の間に生じたお笑いに関する事例が挙げられていますが、
どれもこれもドンピシャなネタであり懐かしかったりして。
栄枯盛衰を感じますが、そんな中でタモリがそんなに浮き沈みなく活躍し続けているのにはびっくりさせられますよね。
山田邦子、上岡龍太郎、島田紳助 などなど、お笑いと同時に当時の番組や思い出を思い起こしてしまいますね。
テレビっ子だったからなぁ。

mambo_no5 at 16:56|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 09, 2019

世界史で読み解くニュース 宗教編 池上彰 増田ユリヤ


これも図書館で借りた本です。
特に宗教について解説されており、イスラム教、キリスト教、ユダヤ教の解説をニュースや世界史と組み合わせて説明されており、正直なところあまり詳しくなかったので勉強になりました。
宗教に関しては論理的な理由ではない判断や方針になっていることも多く、理解しがたい部分もあるのですが、このような背景を知った上でニュースを聞くと違った解釈になるかも知れませんね。
私自身がよくある日本人にありがちな八百万の神信仰ですからね。初詣をしてクリスマスもするという...

mambo_no5 at 16:45|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 08, 2019

「ロンリ」の授業 野矢茂樹


これも図書館で借りた本です。
やさしく「ロンリ」について、というか論理的な議論の進め方について解説してくれています。
仕事上も論理だった進め方を求められますからね。
そのへんがうまくできないと、飛躍したりしてしまいますからね。

自分の主張をするだけではなく、相手の言っていることを理解して、キャッチボールができないといけないですからね。
本にもあったように、10代ぐらいから意識していると、人生の進め方でも変わっていきそうだよなぁ。
結構飛躍した考えが多い気もするもんなぁ。
自分自身もそうだったし、なんとか繋がっていたからうまくいったのですが、失敗していたら詰んでいたかもしれないもんなぁ。
ということで、特に若い方、おすすめです。

mambo_no5 at 16:40|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote