チャンギ空港

July 11, 2013

さて撤収。飛行機を見ながらスタバでまったり。

さて帰ります空港にて
さて、シンガポールとサヨナラの時間です。
MRTで空港まで向かい、ez-linkの払い戻しをして空港に向かいます。
チャンギ空港では、出国手続きの後に手荷物検査なんですね。
順番が逆でちょっとドギマギです。

空港でスタバ
ez-linkの払い戻しをしたせいで、少々の現金が入ったためスタバ一休みすることに。
ブルーベリーのケーキを食べたのですが、海外仕様で甘いです!

帰りもよろしく
帰りの飛行機もキャセイパシフィックです。

帰りも頼むよぉ。


大きな地図で見る

mambo_no5 at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 06, 2013

シンガポールでも空港で格安プリペイドSIMゲット!PocketWifiでサクサクな件

M1SHOP
今回のシンガポール旅行でも、イタリア台湾タイに引き続き、現地でプリペイドSIMを購入し、Pocket
WiFi(D25HW、GL01P)を使用して滞在中、不自由なくオンラインな生活ができたので、記載しておきます。
よろしければ活用しただければ幸いです。

今回シンガポールを訪問するにあたって調べてみると、シンガポールの携帯通信会社は3社(SingtelStarHubM1の三社で、どの会社のSIMカードもチャンギ空港で購入することが可能とのこと。

いざ使うことを想定して調べてみると、SIMのアクティベートにはSMSを使用して設定することが主流とのこと。PocketWiFi(D25HW、GL01P)を使用する者にとって困った事態になりました。

更に調べてみると、各社のデータ通信専用のSIMでは、SMSを使用すること無く使用出来る模様。
空港内で手に入るSIMでは、Singtel、StarHubの両社は両替所で購入できるが、販売している種類が少なく、データ通信用は無さそう。一方M1はカウンターを設置しているとのことなので、こちらを狙って見ることに。

到着したのはTerminal2、荷物を受け取ったあと、左手に行って、右側にお店を発見です。

向かいのinfomation
因みにお店の向かいはInfomationCenter。ここに聞きに行こうと思った所でお店を見つけてしまいました。

早速訪問して交渉。
事前に調べていたため、サイトの印刷物を提示すると、すんなり購入出来ました。

私のインチキ英語でのやり取りは以下ww
 I want to get prepaid SIM card
 Internet use only.
と言うと、所望のものとは別のSIMを薦めてくるため、上記印刷物を提示。

と言うと、すんなり購入出来ました。
APNのセッティングはできるか?と聞かれましたが、既に準備済みだったので問題なし。
ちなみに設定はこちら。
 1.ユーザー名:   (ブランク)
 2.パスワード:   (ブランク)
 3.認証方式:PAP
 4.APN:スタティック  『prepaidbb』
 5.IPアドレス:ダイナミック

アクティベートが不安だったため、やってくれるか?
と聞いてみると、最初の接続時に出てくるから問題ない、とのこと。

M1 Prepaid Broadband Top-up
カウンター前のベンチにて設定開始。
接続してみると、アクティベートの画面が出たのですが、進めるボタンが”TOP UP Card”、”Credit”の二種類だったので、店員さんに、
 ”どうすればいい?”
と聞いてみると、”TOP UP”に進め、とのこと。(オペレートとしてはわかりにくいですね。

無事、アクティベート完了。

画像は完了した時の画面です。

GP01P
接続時の機器の状態です。
H25HW、GL01P両方共セッティング可能でしたよ。

SIM
購入したSIMカードです。

通信速度を測ってみたところ、
 下り:6900kbit/s
 上り:200kbit/s
となかなか快適でした。
18ドル/5dayなので、1500円くらいで快適なネット生活を過ごすことは出来ましたよ。

私は使用通信機器がSMSをすることができなかったので、M1を使用しましたが、他の機器でも活用出来れば幸いです。

mambo_no5 at 20:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック