中之島

August 31, 2009

刈谷田川がショートカット

5518d966.jpg新潟日報 NIIGATA NIPPO On Line
刈谷田川の新河道に通水

 2004年の7・13水害で破堤した長岡市中之島地域の刈谷田川で、新河道の通水が31日、始まった。従来の蛇行部分をショートカットし、カーブを緩やかにした。新しい川に水が流れると、住民らが拍手を送り祝福した。

 刈谷田川は豪雨による増水で蛇行部分の堤防が壊れたため、川幅を広げ水の流れをスムーズにしようと、県が河川改修工事を実施。これに伴い67世帯が移転した。新河道に架かる中之島大橋などを含め、一連の河川改修費は約100億円。

 同日現地で開かれた通水式には、県や長岡市、見附市の関係者約40人が出席。午前11時、通水開始の合図で旧河道と新河道の境に残された土砂が重機で取り除かれ、緩やかに水が流れ込んだ。

 新河道の上を通る中之島大橋などに集まった約400人の住民は、拍手を送ったり、写真に収めたりして喜んだ。

 改修工事で移転した同市中之島の自営業、男性(43)は「新しい河道ができ、水害にもひと区切りついたのでは。災害に強い川ができるのはうれしい」と話した。

 旧河道は埋め立てられ、新たにできる約3ヘクタールの土地は広場になる。

新潟日報2009年8月31日


ここ数年、行く度に姿が変わっていたエリアですが、新しい水路に水が通ったようですね。
また次に見るときには違った景色なんだろうなぁ。

それにしても補修費が100億円ですか。
すげぇ...

mambo_no5 at 22:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック