伊東美咲

February 25, 2013

椿山課長の七日間


不意の病気や事故などで亡くなってしまったひとたちが姿形を変えて初七日までの期間にやり残したことをやると言うもの。

こういう内容って過去にも作られていそうな気がしますけれど、やってないんですかねぇ。

状況的には主人公の状況ってかなりぼろぼろな気がするのですが、そういう風に感じないのは西田さんのキャラなんでしょうかねぇ。

現在は事実上引退している伊東美咲の演技は相変わらずですが、個人的には推しだったので問題なし。それよりもあの世の対応人役である和久井映見がカワイすぎます。あの歳であのキャラは信じられませんね。小学生モードの志田未来も今観ると改めてすげぇなと。(最近あの年齢の子役さんがあまりいない気がするのですが。)

まぁ、映画館に見に行っていたらかなり残念な内容かもしれませんがテレビ、レンタルで観る分には結構楽しめます。
リアルタイムでないタイミングで観ているってのもポイントなのかもしれませんね。




mambo_no5 at 21:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック