大内裕和

May 05, 2017

奨学金が日本を滅ぼす / 大内裕和


奨学金ですか。
わたしもお世話になったのであまり悪いことは言いたくありませんが、制度の改変によって単なる教育ローンになっていること、そして学費などの値上げ、景気の低迷による仕送りなどの親の負担の低下など幾重もの状況の悪化が重なっているんですよね。

私もなんだかんだで400万ほど借りましたが、無利子だったことなどでありがたく利用させていただきました。奨学金のお陰でバイトをセーブして有意義な時間を使うことができたと思っています。(今思うと特にそう思います。)
また私の頃は教育関係の職に就けば返済不要だったり、早期に返済すれば報奨金が出たりするまだ牧歌的な時代でしたね。
現代で借りるとそれなりの利子がつくとするとキツイよなぁ。また学生の頃はそのへんの感覚にも疎いだろうしそういう教育って高校くらいではなんにもないからね。この分野の教育と合わせて決意が必要なんでしょうね。

mambo_no5 at 21:50|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote