大樹連司

July 27, 2008

ぼくらの ~alternative~ 5 /ガガガ文庫 大樹 連司


前の巻(4巻)が悲惨な終わり方だったので、最後はどうなるんだろう?って思っていたのですが、アニメ版のような安易な終わり方ではなく、予想外の展開で希望の持てる終わり方でしたね。
こういうのも有りかなぁと。

それはそうと原作が終わる前に、アニメが終わり、小説が終わり...原作はどうなるんだろうなぁ...楽しみです。


mambo_no5 at 22:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

January 21, 2008

ぼくらの ~alternative~ 4 / 大樹連司 鬼頭莫宏


3巻に続いて4巻も連続で読破。
内容も、どんどん盛り上がっていきます。

今回はカナちゃんまでもが前線に。
もう切なすぎます。
パラレルワールドの世界観をフルに使った残りの二話。
どちらもすばらしい話でした。
関さんの最期は...まさに軍神。

mambo_no5 at 22:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ぼくらの ~alternative~ 3 / 大樹連司 鬼頭莫宏


秋にアニメがあまりにもつまらない形で終わってしまってから、ちょっと興味をなくし気味だったんですが、思い出したように買い忘れていた3〜4巻を購入。

で、一気に読んでしまいました...
いやぁ、この小説も原作に負けず劣らず凄いものがあります。自らの意志を固めていく姿、原作とは違ったダイチの強い生き方。
想像するだけで目を覆いたくなるようなマスゲーム。
まだまだ続きます...

mambo_no5 at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 27, 2007

ぼくらの~alternative 1 / 大樹 連司; 鬼頭 莫宏



小学館ガガガ文庫と言うものが創刊だそうで、その第一段。

TVアニメ、コミックスが進行中なタイミングで小説だとか。
微妙にキャラクター設定や状況が違い、なにやらパラレルワールドでの物語の様相。
購入して一気に読んじゃいました。
いやぁ、なかなか裏読みができたりと楽しいです。

さて、このあとそれぞれの物語がどんな風に進行していくのかなぁ〜
最後にくっつくというオチは無しでほしいもんです。

mambo_no5 at 21:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote