将棋

April 04, 2010

ガチンコ勝負?

情報処理学会が将棋連盟に挑戦状 米長会長、「いい度胸」と受けて立つ - ITmedia News
情報処理学会は、トッププロと戦えるコンピュータ将棋が完成したとし、日本将棋連盟に公開対局を望む挑戦状を手渡した。将棋連盟は「いい度胸をしていると」受けて立つ構えだ。

以前何かでプロ棋士は安易にコンピュータの挑戦を受けてはいけない、というような記事を読んだような気がしましたが、これに関しては正式に申し込んだってワケですね。

それにしても挑戦を受けるのが清水市代さんなのだそうで。
棋士会にとっては結果がどうあっても説明可能な人選かもなぁ〜なんてことを勘ぐったりしてしまいました。

いずれにせよ、この対戦は楽しみですねぇ

mambo_no5 at 23:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

October 30, 2009

決断力 / 羽生 善治


タイトルは釣りな部分もありますが、羽生さんを知っている人、将棋界に少しでも興味がある人は読んでも損はないはず。
彼の今までの事例と合わせて書かれているので楽しいです。あんな彼にも親近感を持ってしまいますね。
彼の言う、結果を簡単に得られてしまう現代というのはあまり考えなくなってしまう、というのは同感ですね。便利になりすぎるのもどうかと思ってしまいます。答えが分かってしまうと感動もないし、身にも付かないもんなぁ〜
書かれていた言葉で

決断とリスクはワンセット。
直感の7割は正しい選択

辺りは何にでも繋がるかもしれませんね。
私も散々迷ったあげく最初の直感の選択をするって事が多いですから...(で、当たることが多い気が)

mambo_no5 at 23:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote