山古志村

January 11, 2010

マリと子犬の物語


これも溜まっていた映画です。
こども・動物・別れと再開・地震・で、新潟
つぼが押さえられすぎまして、分かってはいるのに涙腺ダダ漏れになってしまいました。
それにしても動物の演技がすごすぎ。こんな動きをどうやったらさせられるんだろう?
あと、避難先の体育館が通っていた学校の第二体育館(現在は解体済み)だったのも懐かしかったなぁ〜
とまぁ、そんな感じで私にはこの手の映画は危険です。
”ウルルの森の物語”も見る気はないですけれど、危険でしょう。

mambo_no5 at 15:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote