川島令三

November 28, 2015

鉄道カレンダー / 川島令三



暦に合わせて鉄道ネタが散りばめられています。
まぁ、読み物としてはいいのかもしれませんが、交通機関の扱いにおいて鉄道に対してあまりにも偏重な感じがしてちょっとひいてしまいますね。
鉄道がある生活は確かにいいのですけれど、現実的でないような提案も多かったりします。
また10年ほど前の本なのですが、ほぼ寝台が無くなるなど鉄道に係る事情は一変していますね。残念な限り。最後の最後に色々と経験できたのは良かったけれど。

mambo_no5 at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote