工藤アリサ

September 09, 2016

クレーム対応の全技術 / 古谷治子 工藤アリサ


これまた図書館にて借りた本です。

クレーム対応というと、顧客に対する一次対応になりますね。
どんなことでも初動が重要ですよね。
ここの対応を間違ってしまうと後々まで引きずってしまいますから。

いろいろな場面を想定して良い例悪い例など書かれていますが、やっぱり人称を変えて
相手目線や第三者目線に立って対応することが必要なのかなぁと再認識しましたね。


mambo_no5 at 16:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック