庵野秀明

July 26, 2013

風立ちぬ

風立ちぬ
公開から少し経ってしまいましたが、本日レイトショーで鑑賞。
賛否両論ありますが、私自身としては非常に満足です。
ストーリー上余計な説明は全く無いので、当時の時代背景など事前の情報を持ち合わせていないと置いてけぼりになってしまいますからね。今までの普通のジブリ作品と同じスタンスで臨むととんでもないことになるでしょうからね。

絵の書き込みや、いろんなストーリーの融合など、うまい展開だと思います。
やっぱり同じ技術者(の端くれ)としては、良い物を作るためのブレイクスルー、徹底したこだわりなどは共感しちゃいますね。

う〜ん、もう一度見ようかしら...







mambo_no5 at 20:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

September 08, 2012

特撮博物館@東京現代美術館 に行ってきた。

特撮博物館
今回の目的はこれ。
東京現代美術館で開催されている”特撮博物館”に行って来ました。
お昼過ぎくらいに訪問しましたが、結構な人人人。チケットを購入するのに30人くらい並んでいたかなぁ。

-------ネタバレ有り--------



で、内容はというと前半は歴代の特撮で利用されていたモノが大量に展示。
途中短編映画が上映され、後半にそのネタ、技術紹介、更に雑多な情報が大量大量。

と続いていきます。

もう見るものが大量にあってぐったりするくらいでした。
個人的には途中の短編映画、&そのネタが一番盛り上がりましたね。


ミニチュア
撮影OKエリアでの一コマ。戦車です。
ミニチュアもネタが細かいですね。

監督
監督です。

寄せ書き

最後には皆さんのサインが。

帰りは長蛇の列

結局見きれないくらいでしたがそれでも2時間半滞在でした。
撮影が出来なくって残念なネタばかりです。
内部で上映されていた映画はこのご時世でCG無し。アナログな技術を思いっきり楽しめます。
##私は二回観ちゃいましたよ。

出る頃には50人以上並んでましたね。

この展示はネタが細くってみんな立ち止まってしまうので渋滞してしまいます。
早めに行く、平日に行くってのが吉な気がします。

楽しかったですなぁ。また行きたいもんです。

###この美術館に来たのは森村泰昌の写真展に来て以来ですね。個人的メモ




mambo_no5 at 16:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

October 07, 2011

監督失格 〜10数年振りの平野監督作品は衝撃〜

監督失格・監督失格
平野勝之監督の映画が10数年振りに公開されるというニュースを聞いたのは六本木で先行公開する直前にラジオ(Dig)でした。

10数年振りかぁ。
平野監督の代表作品である自転車三部作は全て映画館で観てしまった私にとっては個人的に思い入れのある監督であり、林由美香さんが亡くなってから沈黙を続けていた点は気にかけていました。
(途中"あんにょん由美香"の公開などありましたが...)
そんな中、急に平野さん復活の映画と聞いてびっくり。
しかもプロデューサーは庵野秀明、音楽が矢野顕子。

何事?
って感じですよね。
しかも、TOHOシネマズで全国的に公開だなんて、以前の作品は東中野で単館上映でしたからね...
そこそこ近くで上映ということで、六本木まで観に行くこともなく、この三連休にでも行こうと思っていたのですが、仕事が早めにはけたので仕事帰りに見に行って来ました。

平日の夕方ということもあり、お客さんは私とサラリーマンのふたりだけでした。

事前情報は公式サイトと予告篇だけ。でもすごくいい、との情報もちらほら。期待は高まります。

映画は途中までは最初の作品"由美香"の抜粋版。
オリジナルを見ている人にとっても忘れているので記憶を補完する意味ではいいですな。
そして映画版では描かれなかった。礼文島到達後の帰り道の件や、その後の二人の関係などなど。

そして急展開。
結果というか起こった事実は知っていましたが、そのリアルな現場で偶然にもカメラは回り続け、溢れ出して抑え切れない感情がひしひしと伝わってくる映像には本当に衝撃を受けました。

その後の平野さんや、由美香さんのお母さんもほんと。重いと言うかズシンと来るんですよね。

ほんと、こればかりは観に行ってよかった。
映画館で観てずっしりと感じて欲しいですよ。



mambo_no5 at 21:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック