昭和のまぼろし―本音を申せば

August 29, 2009

昭和のまぼろし―本音を申せば〈2〉 / 小林信彦


これも夏の旅の途中で読んだ本です。
2005年に連載されていたエッセイ集です。

今読み返すと懐かしいこと、現在を見通したかのような内容があったりと、しみじみと感じますね。

新潟(中越)地震のその後の様子を書かれていますが、こんなタイミングで静岡でも地震が起きてしまったりしてますからね。
やっぱり地震国ですね...


mambo_no5 at 16:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote