景山三平

November 16, 2017

あなたのまわりのデータの不思議 / 景山三平


これも図書館にて借りた本です。

データの本と書いてありますが、大きくは確率、統計が現実の世の中においてどのように使われているか?ということが書かれています。
現在個人的な仕事において、従来と同じ(同等)であることを提示しなければいけないことが多く、検定処理をしていたりもするのですが、その分工数が増えてしまうんですよね。納得感があり、簡便にできる方法とは無いものか?とも思ったりするのですがなかなか良い考えはないんですよねぇ。
難しいものです。

mambo_no5 at 17:27|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック