月光の囁き

August 23, 2010

月光の囁き


喜国雅彦のアホなノリが好きだったのだが、彼の中では異作となる作品(漫画)です。少年誌に連載するにしてはギリギリ(超えてる?)気もしましたが、なんとその作品の実写版です。
1999に公開されていますが、私が原作の方を知ったのはその後であり、映像版も全く知らないままでした。
で、そんな作品を思わず借りることができてしまったのです。
内容はというとびっくり。
かなり原作を再現しているんですよ...
よくこんな作品に、って感じです。
つぐみさんの眼差しがいいですな。これは。

EDはスピッツ「運命の人」
妙に合います。

mambo_no5 at 22:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote