水害

July 22, 2018

ハザードマップを見直す

saigai_hinan_building
先日西日本で水害が発生し、その状況がハザードマップと一致しているとの報を受け、改めて自分の住んでいるところのハザードマップを再確認しました。

住む前からわかっていたことですが、何かあったら水に浸る可能性があるところなんですよね。集合住宅で2階以上のところに住んでいるので家自体は大丈夫だと思うのですが、車は浸っちゃうんですよね。そのあたりもわかっているのであまりいい車には乗らないと考えていたりもします。
そもそも川の堤防が霞堤(信玄堤)なので、ある程度は水があふれる前提なんですよね。それを超えるような雨をくらったときには諦めるしかありませんね。
とまぁそんな割り切りなのでありました。

mambo_no5 at 23:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

August 21, 2014

広島水害

25f748f2-s
なんだか広島ですごい水害が起きたようで。

朝のニュース番組で、視聴者からの水害に関する投稿をのんきに紹介していたと思ったらとんでもないことになってました。

大変な状況になったらそんな投稿なんてしていないで自身の生命の確保を全力でしないといけないなぁとしみじみと思った次第です。

みなさんまだ暑いので避難生活になっちゃうと大変だろうなぁ

mambo_no5 at 15:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

August 23, 2013

パティオにいがたオープンだそうで。

0010809700060588s
見附・道の駅「パティオ」オープン
にぎわいと防災拠点に

 見附市が刈谷田川防災公園に整備してきた道の駅「パティオにいがた」が23日、オープンした。今町地区のにぎわい創出に向け農産物直売所などを設置したほか、太陽光発電とバッテリーも備えているため停電時も電気を供給できる。大規模災害時には消防やボランティアの活動拠点としての機能も期待されている。市は年間80万人の来場を見込む。

 道の駅は、2004年に起きた7・13水害の後の河川改修でできた4・6ヘクタールの土地に、県が整備したヘリポートなどを備えた防災公園内に立地している。

 鉄骨平屋建てで、延べ床面積約1400平方メートル。事業費約7億7000万円。駐車場の収容能力は大型バス4台、小型車105台分。電気自動車(EV)の充電器も1台設置した。

 百数十種類の地元農産物が並ぶ直売所「健幸めっけ」、農家レストラン「もみの樹」などが営業を開始。水害の記録とその後の防災対策を紹介する「防災アーカイブ」もオープンした。

 直売所には早速、近隣の住民が詰めかけ、買い物の列をなしていた。

 7・13水害では家族が家からボートで救出されたという長岡市中之島の会社員は(39)は「水害のことは思い出したくないが、忘れてもいけない。アーカイブは子どもたちに勉強させるにはとても良い場所ではないか」と話していた。

 公園内には日帰りキャンプ場(テント50張り分)もあり、26日から営業を始める。道の駅内の管理事務所に申し込めば、無料で利用できる。道具は有料で貸し出す。予約、申し込みは、0258(94)6214。


思い起こせば713水害が発生したのは2004年。時間のすぎるのは早いです。
水害発生後、河川改修を行いショートカット
このショートカットによって空いた敷地3haを利用して道の駅を構築したとのことです。

今度帰省した時に寄りましょうかねぇ。

mambo_no5 at 10:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

August 31, 2009

刈谷田川がショートカット

5518d966.jpg新潟日報 NIIGATA NIPPO On Line
刈谷田川の新河道に通水

 2004年の7・13水害で破堤した長岡市中之島地域の刈谷田川で、新河道の通水が31日、始まった。従来の蛇行部分をショートカットし、カーブを緩やかにした。新しい川に水が流れると、住民らが拍手を送り祝福した。

 刈谷田川は豪雨による増水で蛇行部分の堤防が壊れたため、川幅を広げ水の流れをスムーズにしようと、県が河川改修工事を実施。これに伴い67世帯が移転した。新河道に架かる中之島大橋などを含め、一連の河川改修費は約100億円。

 同日現地で開かれた通水式には、県や長岡市、見附市の関係者約40人が出席。午前11時、通水開始の合図で旧河道と新河道の境に残された土砂が重機で取り除かれ、緩やかに水が流れ込んだ。

 新河道の上を通る中之島大橋などに集まった約400人の住民は、拍手を送ったり、写真に収めたりして喜んだ。

 改修工事で移転した同市中之島の自営業、男性(43)は「新しい河道ができ、水害にもひと区切りついたのでは。災害に強い川ができるのはうれしい」と話した。

 旧河道は埋め立てられ、新たにできる約3ヘクタールの土地は広場になる。

新潟日報2009年8月31日


ここ数年、行く度に姿が変わっていたエリアですが、新しい水路に水が通ったようですね。
また次に見るときには違った景色なんだろうなぁ。

それにしても補修費が100億円ですか。
すげぇ...

mambo_no5 at 22:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 04, 2007

水害で架け替えの一新橋開通

9f9f93e2.jpg新潟日報 NIIGATA NIPPO On Line
水害で架け替えの一新橋開通

学生の時に一部木製なのに驚いたこの橋も、先の水害で破損。
掛け替えが行われたそうです。
あれから3年。
ようやく完全復旧と言った感じなんでしょうかね。

mambo_no5 at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック