特攻

August 23, 2010

真夏のオリオン


借りようかどうか迷ってましたが、TVで放映していたので録画して鑑賞。
太平洋戦争の潜水艦ものってのは惹かれる内容ですが、回天(特攻)の取り扱いといい、ストーリー展開といいきれい過ぎる展開ですよね。
平和な現在に生きるものにとっては分からないこともあるんでしょうけれど、もう少し生々しい心理描写があっても良かったような気がします。

ま、潜水艦vs駆逐艦の戦いはマニアックで好きですが。

mambo_no5 at 23:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 20, 2008

指揮官たちの特攻―幸福は花びらのごとく /城山三郎

城山さんの作品らしく、非常に読みやすいです。ただ、その背景は非常に深いです。

23歳で亡くなったお二人を軸に書かれています。終戦前の1年強の間に行われていた狂気とも思われる世界が淡々と書きつづられています。
尋常でない指示に対する絶対服従。
残された人達のその後も書かれていますが、厳しいですなぁ...



mambo_no5 at 21:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック