白と黒および神経からなる歯科治療挿絵

June 28, 2018

描かれた歯痛 白と黒および神経からなる歯科治療挿絵 / リチャードバーネット


これも図書館で借りた本です。
歯科技術の進化を絵柄を軸に描かれています。
昔はとにかく抜くしか対処方法はなく、その抜歯自体にも危険が伴っていたようで読んでいるだけで痛くなりますねww
また、その昔は普通の医者に対して一段低く扱われていたりといろいろな経緯があるんですね。麻酔や電動器具が整備されたりしてようやく現在に近い形になったのはこの100年程度なんですねぇ。今の時代で良かったわい。

mambo_no5 at 06:38|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote