石井光太

May 20, 2018

43回の殺意 川崎中1男子生徒殺害事件の深層 / 石井光太


これも図書館で読んだ本です。
川崎で起こった殺人事件に関する本です。
非常に大きく取り上げられた事件でしたが、その詳細について詳細にかかれています。なぜこんな事件が?という点は本にも書かれていますが運という部分があるんでしょうね。
いろんな不幸が重なって...
ただ、そのような不幸となる材料に関与しないように子供を導いてあげるのも親としての役目なんでしょうね。あとで人のせいにしても誰も救われないですからね。
このような事件が起こっていますが、少年が実行した殺人事件は一年間に40〜60件程度起き続けているとのこと。この数字をどう捉えるかということはありますが、意外とあるもんなんだなぁと。子供が減ってきているとなると比率としてはあがってきているのでしょうかねぇ?
あと、被害者の父親がインタビューで答えていた刑期が終わって出てきた加害者を私刑したいという気持ちは確かにそうだよなぁ。こんなんで納得できないでしょうから...

mambo_no5 at 20:36|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote