究極超人あ〜る

November 08, 2012

究極超人あ〜る一話限りの復活@スピリッツ

news_large_spi12-49
究極超人あ〜るがなんと復活。
ということで、遅ればせながら仕事帰りに立ち読みしてきました。(買ってません、ごめんなさい)

25年ぶりの復活だそうで。
あぁ、懐かしすぎます。
25年の時は過ぎていても物語の中のキャラクターは以前のまま。
しかもネタはコウガマン(笑)

物語中でもネタにされたましたが、25年という時間で変わったもの。変わってないものいろいろですな。

○変わったもの
・写真(光画)
 ネガポジリングだなんて、今の若者は知らんでしょう。
 一番変わったのは写真を撮るという意識、位置づけなのかなぁ。先日両親と写真を撮る際に色々と感じちゃいました。
・野球
 サッカー人気もあり、野球の位置づけは軽くなっちゃいましたね。
 MLBの影響もあってプロ野球も軽くなっちゃった気もしますし。

○変わっていないもの
・スーパー戦隊シリーズ
・地方公務員のキャラクター

あたりでしょうかね?

##
「トライXで万全」「これを4号か5号で焼いてこそ味」、ってことはなくなった気がしますが、

「頭上の余白は敵」「ピーカン不許可」「世はなべて3分の1」「逆光は勝利」

あたりはどうなんでしょうかね?

とまぁ、そんなことをふと思い出してしまったのでありました。




mambo_no5 at 23:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

August 06, 2010

河井継之助記念館

河井継之助記念館
会津坂下から只見方面へ。
R289(八十里越)を過ぎた辺りにある河井継之助記念館に立ち寄りました。河井継之助といえば長岡の方ですが、戊辰戦争(長岡戦争)で敗れ、只見へ敗走し、そこで亡くなられた方です。
今は長岡にも記念館のような施設ができましたが、先にあったのはなぜか只見。まぁ、こういう点は長岡の人間らしいんですけどね。いいのか悪いのか。

河井継之助
継之助の像です。

ガトリング砲
長岡戦争時に活躍したガトリング砲です。
でもガトリング砲というと究極超人あ〜るを思い出してしまう私はダメ人間でしょうか?

mambo_no5 at 15:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 29, 2007

三十三間堂

d71cd5d5.jpgそのまま三十三間堂へ。

内部は数量でとにかく圧倒されます。
建物は長さに圧倒。

端から端まで走って神を感じたりはしてません.....
(このネタ知っている人って...)

<以下追記>
三十三間堂
ここに来るのは修学旅行以来。
その時と違って、ゆっくり見ることができたので、書かれている説明などをじっくり読むことができました。
歴史的なことや、ここを舞台にした色々な歴史や催し。そのようなことを理解すると、線で繋がって理解が深まりますね。

それはそうと、この建物の端から端までは120mくらい。
まさにスプリントの距離ですな。
駆け抜けることで神の領域に...というのは、あ〜るのスプリンターネタですな。
そんなことを知らないであろう中学生くらいの男子が本気で走っていました。すげぇ...

mambo_no5 at 14:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック