葛飾北斎

November 25, 2012

最終日に滑りこみ鑑賞 ”北斎と広重 きそいあう江戸の風景”@町田市立国際版画美術館

国際版画美術館
町田に来た目的は、町田市立国際版画美術館で行われている北斎と広重云々の最終日だったからなのです。
駅から芹ヶ谷公園を抜けて美術館に到着。
駅からそんなに遠くないのにものすごく郊外に来たような感じですね。

北斎と広重
本日最終日。
北斎や広重にかかわらず、この時代の精細な版画って好きなんですよねぇ。
多色刷りなんてありえないような職人技ですから、そんな技で作り上げられた鮮やかな版画はなんだか心に染みちゃうのであります。

庄野
公開はもうボリューム満点、満足満足。
同一の作品でも仕上げ方が違うようなものまで見れたってのはなかなかのものでした。
使われている染料の関係で暗い中でしか鑑賞できないのは仕方がないにしろ、ちょっと残念ですねぇ。

すんごく楽しめました。ニヤニヤ。




mambo_no5 at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

January 19, 2008

特別展「北斎-ヨーロッパを魅了した江戸の絵師-」@江戸東京博物館

北斎

その後前から気になっていた、展覧会へ。

北斎は有名な作品はもちろんなんですが、当時の風俗を描いたものも多くって、そちらの方が興味あったりして。(杉浦日向子さんの影響ですな)

緻密な作品が数多く展示され、もう満足満足。
北斎漫画の特設展示では、版木なども展示されていたり、刷りの実演があったりとはじめて見るモノが多かったですね〜。

北斎漫画では墨版、グレー、肌の三版だけなのに、生々しいというか、実際のものを色を含めて感じるんですよね。引き込まれているのかなぁ〜

まぁ、会場は大盛況でした。
隣の国技館も場所中と言うこともあり、華やかでした。

疲れた疲れた。


mambo_no5 at 14:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote