蒲原鉄道

June 24, 2009

蒲原鉄道の機関車一般公開

蒲原鉄道新潟日報 NIIGATA NIPPO On Line


 かつて加茂市と五泉市を行き来した蒲原鉄道の電気機関車が24日、駅のあった加茂市長谷の冬鳥越スキーガーデンに移送、展示された。同市は傷んだ部分の修復を行い、10月ごろには荷を満載した貨物車をけん引したころの雄姿がよみがえる。

 機関車は国内で製造された「ED1」で、1930年の加茂線延長を機に同社に導入された。鉄製で長さ約9メートル、重さ25トン。除雪にも使われたほか、99年の全線廃止の際には、ラストランの先頭を務めた。それ以降は、五泉市の同社敷地内で保存されていた。

 同社によると、現在、同じタイプの機関車は「ED1」を含む2両しか存在しておらず、「貴重な車両をもっと多くの人に見てもらいたい」(小林誠社長)と、同市に譲ることになった。

 この日は、作業員約10人が同社から車両を運び、既に移していた車輪と接続した。以前から展示されている同社の電車「モハ61」「モハ1」と並べられた。


99年の全面廃止に立ち会った私としては、こういった形で残ってくれるのはうれしいですね。

夏にでも観に行こうかなぁ〜

mambo_no5 at 22:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 14, 2009

貨物鉄道博物館

鉄道貨物博物館
先週のネタですけれど、書けなかったので今頃更新です。
伊勢をあとにして北上。桑名ICで降りて、貨物鉄道博物館に向かいます。
昨年秋にも訪問したのですけれど、開館日ではなかったので改めて訪問することに。
丹生川駅に車を停めていざ訪問です。

貨車@蒲原鉄道
まずは外を眺めることに。
こちらでは順に改装(再塗装)をされて綺麗な車両にリストアされているのですが、今度は蒲原鉄道の有蓋車(ワ11)がリストアされることに...うれしいような、そのままでいてほしいような...微妙な気分です。

タンク車の上から
思わず、タンク車の上に乗ってしまいました。いやぁ、眺めがよいよい。(皆さん真似しちゃいけないですよ)

HOゲージ
内部には色々あったのですけれど、気になったものをちらほら。
HOゲージが並んでいます。なかなかしっかりした作りです。

201系
201系の乗り物がステキです。
乗りたかったけど、あきらめました...(残念)

mambo_no5 at 19:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

October 12, 2008

貨物鉄道博物館

85a71c49.jpgなかなかおもしろい。

個人的には蒲原鉄道の貨車がツボでした

貨物鉄道博物館
<以下追記>
第一日曜だけしか屋内展示は開放していないので、屋外展示のみ。
上でも書いているけど、蒲原鉄道の貨車があったのには一番驚きました。
こんな所であえるとは、ビックリですね。
他に新たに貨車を塗装していたりと、ボランティアの方々の熱意で運営されているようです。
開いているときに来たいものですなぁ。

mambo_no5 at 11:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote