豊田正義

December 08, 2017

消された一家 北九州・連続監禁殺人事件 / 豊田正義


こちらは借りた本ではなく購入した本。
なんだかキワモノの本しか購入していない気もしますが...

北九州連続殺人事件のノンフィクション小説です。
凄惨な事件ゆえに報道も少なく、たまに再現映像などを見たりすることはありましたが、この本を読んでみると、まとめサイトや再現映像などは真実に対して半分程度しか反映していないことがわかりました。
いやぁ、凄すぎる。酷さがわかったと同時に、これでは電波には乗せられないですよ。
ただ、事実を知らないままであろう人たちが、この間のザ・ノンフィクションに関して色々騒いでいるのもなんだかなぁという感じです。
内縁の妻も有罪となっていますが、この裁判を見ると、今回の事件で生き残った大人がいたら、みんな有罪になってしまうんだろうなぁ。なかなかスッキリとしませんね。
この本に関してはひどい話ですけれど、ほぼ一気に読んでしまいましたよ。


mambo_no5 at 11:57|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック