迷いと決断

October 12, 2009

迷いと決断 / 出井 伸之


ソニーの元CEOの出井さんの書かれた本です。
面白いのは社長に就任してからの格闘ですね。外部との折衝もそうですが内部の抵抗勢力とのやり取りなど、どこも同じなんだなぁ〜というところでしょうか?
最後の方に書かれていましたが、改革が不十分(中途半端)なままだったのが気がかりだったようですね。

mambo_no5 at 07:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック