週刊文春

January 21, 2014

森繁さんの長い影 本音を申せば6 / 小林信彦


毎年一冊出る週刊文春に連載している小林信彦さんのコラムの書籍です。
いつも文庫分で購入しているためタイムラグが有るのですが、この本は2009年に書かれた内容であり、タイミングとしては政権交代なんですよねぇ。
政権に対する意見(文句?)や期待、インフルエンザ騒ぎに対する政府(官僚)の対応の悪さなど、これだけ時間が経つとある意味楽しいですね。
あれから数年が経ち、政権もまた自民に戻り、インフルエンザ騒ぎなんてすっかり忘れている状況です。
インフルエンザ騒ぎの際に厚生労働大臣をやっていた人が、この後離党し、で都知事選に出ようとしていたりするんだから世の中わかりませんよね。まぁ、大昔の殿様も都知事選に出たり。
もうなんだかわかりません。

まぁ、2009年が遠い昔に思えるのも”311”の影響もあるんですかねぇ。


mambo_no5 at 22:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

September 23, 2012

女優はB型 / 小林信彦



本当ならば畑仕事をしたり、お祭りに行こうかと言っていた日曜日なのですが、朝起きると雨雨雨。
身体もちょっと疲れきっていることもあったので、溜まっている積ん読本を手にしました。
今回読んだのは”女優はB型”
週刊文春の連載まとめで、毎年一冊出ているものです。(もうこれも長いなぁ)

今回は何故か血液型ネタが多く、若手女優のB型がすごい!ってネタもあったり。それにしても著者はいい歳だってのに若手女優に詳しいですなぁ(○リですな)

時折出てくる新潟ネタ。長岡駅近くの鉄板焼屋さんがよく出てくるのでちょいと調べたらなかなか素敵なお店でした。(お値段も...)
今度行ってみたいもんです。

まだ何冊もありますよ。少しづつ何とかしたいですなぁ。

mambo_no5 at 18:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 04, 2012

映画×東京とっておき雑学ノート 本音を申せば(4)/小林信彦



毎回購入していますが本書は2007年のネタです。
今読んでいてびっくりなのが、この年に中越沖地震が発生し、柏崎刈羽原発で事故が起きていたんですよね。
当時、IAEAの査察云々などの記事もありますが、当時にもう少し本気で取り組んでいたらこんなことにもならなかったのかもなぁ、なんて感じてしまいました。

まぁ、後の祭りですが。

他に、当時から堀北真希を買っている点、硫黄島からの手紙に合わせてウーマンドリーム&裕木奈江ネタが取り上げられていた部分が個人的にはツボでした。

mambo_no5 at 13:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote