野村克也

November 07, 2016

由伸・巨人と金本・阪神崩壊の内幕 / 野村克也



これも図書館にて借りた本です。

昨日記事にした本はプロ野球全体について書かれていますが、本著ではタイトルの通りかなり特化して話が展開されています。
巨人高橋監督に関しては本人云々よりも、フロントの計画性のなさ、前任監督の後継者を作らなかったことを強く責めていますね。
また阪神に関しては自身の監督時代のことを後悔するくらいフロントを批判していました。実際三年で強くする、なんてことを言っていたりしますが別の方向に話は向かっていますから。来年の阪神もどうなることやら。

なんて爺の愚痴を読んでもかまわないというのならばこの本はおすすめかもしれません。

mambo_no5 at 22:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

November 06, 2016

俺の苦言を聞け! / 野村克也

俺の苦言を聞け!
野村克也
悟空出版
2016-07-15


これも図書館にて借りた本です。
もう一冊借りたのですが、著者が現代の日本プロ野球界について色々と書かれています。
ある意味正論、ただある意味は老害。
どのような姿になるのか?のイメージが野村さんの言われているようであれば真なのですが、そこがずれていると余計なことを言っている事になっちゃいますからね。
でも、真であることが多い印象だなぁ。

大リーグに行くためのステップとなり中抜きになってしまうことだけは避けたいところです。それでは日本のプロ野球が発展していかないからねぇ。

個人的には球団増してほしいのですが。

mambo_no5 at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 31, 2010

あぁ、監督 / 野村克也


野村監督が現役だった昨年の春(2月出版ですね)、WBC直前ですね。その頃読んでおきたかった本です。
今読んでも十分面白いですが、読んでいたらWBCがさらに面白く見ることができたかもしれませんね。

自分の経験から見たリーダー論、客観的に見たもの、人を育てるという観点ではすごいですな。
まぁ、今のところぺーぺーな私には活用の場はあまりありませんけどね。

それにしても監督が変わるとチームが変わりますよね。同じチームを応援していても違うチームを応援しているようで楽しいです。

mambo_no5 at 21:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 16, 2008

敵は我に在り(上・下) / 野村克也


実は野村さんの著書は初めて読んだりするのですが...
いやぁ、ちょっと感動。
野球という枠だけでなく、人としての接し方、教え方(コーチング)、生き方に対するスタンスなど。
きっと監督としては今の楽天が最後になるんでしょうけど、育て上げて欲しいですね。
(敵ながら...ですが)


mambo_no5 at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote