銭湯

March 14, 2014

熱海湯で一風呂浴びるのだ

熱海湯夜
映画を見終えていざ出発の前に一風呂浴びることに。
神楽坂の繁華街から一本入ったところにある銭湯、熱海湯です。
ここに来るのは数年ぶり、夜行で出かける前には寄ってしまうところだったりして。

入浴します
では入湯。
タオルも貸してくれますし、共用のシャンプー、石鹸もあります。(タオルは持参しましたが)
お湯もそんなに熱くなく、気持ちスッキリしました。
いいお湯でした。

熱海湯昼
ちなみに数年ぶりだったこともあり、映画の前にちょいと事前探索してたりします。
お昼の画像はこんな感じです。



mambo_no5 at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 18, 2013

ケロリン湯おけの思ひで

ケロリン
「ケロリン」の広告入り湯桶を販売している有限会社、睦和商事(東京都文京区)が2度目の資金ショートを起こし、経営破綻したことが18日わかった。

 信用調査の東京商工リサーチによると、睦和商事の負債総額は現在調査中という。有限会社としての設立は昭和41年8月、資本金は300万円。ピーク時の平成9年6月期には年商約1億3000万円をあげていたが、銭湯の減少により、営業不振に。24年6月期年商は約4200万円に落ち込み、今年1月末までに事業を停止していた。先週14日に再度の資金ショートが起きた。

 なお、この湯桶で有名な「ケロリン」は、「内外薬品」という医薬品メーカーが販売する頭痛、生理痛などに効く鎮痛薬のブランド。主力の粉薬だけでなく、錠剤形式も発売されている。内外薬品は当初、置き薬としてケロリンを販売していたため、銭湯でPRをしませんかという睦和商事に委託する形で、昭和38年から湯桶の展開が始まったという。

 ケロリン桶は、コミック、アニメ、映画と大ヒットした「テルマエ・ロマエ」でも、重要な小道具として劇中で使われている。


だそうな。

ケロリンそのものよりもある意味有名な湯おけ。

実はわたしも持っていたりするんですよね。(しかも二個)

入手した経緯が普通に購入したわけではないので、ちょいと思い出話として書いておこうかと。

学生時代、風呂なしのアパートに住んでいたため、必然的に銭湯通いをしていたのでありました。
銭湯通いにおいては色んな意味で思い出がいっぱいありましたが...これもその一つですかね。

アパートから徒歩圏内にあった銭湯は二件ありまして、どちらの銭湯でもわたしが学生ということで10円以下の端数をおまけしてくれていたんですよね。
そんなこともあり、良くしてもらっていたのですが、三年の時に最寄りの銭湯が廃業するとのこと。

最終日にお風呂屋山に行った際、
「なんでも好きなもの持って行っていいよ」
と言われ、このケロリンの湯桶を2つ頂いたのでありました。

数カ月後に訪問した際には取り壊されていたのでありました。
もう一件の銭湯も在学中に廃業され、最後はスクーターでしか銭湯に通えなくなってしまいましたからねぇ...

##ちょいと調べたら学校の近くにあった銭湯もなくなっていました。寂しいのう。



mambo_no5 at 23:17|PermalinkComments(0)TrackBack(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 10, 2013

京都駅近くの銭湯(大正湯)で旅の疲れを癒します

大正湯
京都駅まで戻り、コインロッカーから荷物を回収です。
今晩の高速バスで戻るため、帰る前に旅の疲れをいたすため銭湯に向かうことに。
駅の八条口から徒歩圏内に銭湯があるんですよねぇ。
これはうれしい。


看板
ネットカフェでもシャワーが浴びれたりしますが、サウナや湯船はありませんからね。
この点はありがたいです。

疲れた足をもみもみです。


大きな地図で見る

mambo_no5 at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

October 22, 2010

大正湯でのんびり

大正湯
函館どつく前から坂をちょいと登ったところにある銭湯です。
レトロな外装は惹かれますねぇ。
お風呂には無条件で入ってしまうタイプなのでここでも入湯です。

大正湯内装
おふろは至ってノーマルな銭湯でした。気持よかったです。
内装もまたレトロな感じでしたね。
中に書いてあるのを見て気づいたのですが、パコダテ人っていう映画のロケに使われていたんですね。主演は宮崎あおいだとか。
見てみたいような気がするなぁ。

mambo_no5 at 15:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 01, 2008

幕張・散策

幕張旧市街散策
ちょっと時間があったので、学生時代に住んでいた幕張から歩いてみることに。
幕張駅の南口から出発。
駅前、っていうのにひっそりしてます。
まぁ昔からそうなんですけどね。
そのまま海側に歩いていくんですけど、シャッターな店舗が多いです。
昔冷やかしで行ってた、書店やCDショップはなくなり。いまでも使っている小さな食器棚を買ったお店もありません。落花生やさんはコンビニになっていたり。寂しいです。

よく行っていたコインランドリーとコンビニ(ローソン)はコインランドリーだけ(牛乳屋)になり...

通っていた銭湯(浜の湯)は、マンションになっていました。

ATMすらない小さな郵便局(幕張郵便局)は、そのまま残っていたりして。

色々変わってしまいましたねぇ...

昔ゴルフの練習場だったところにはイトーヨーカドーが。
その影響かはわかりませんが、フレックやマルエツはあるのかな?
そんなことを考えたりしちゃいましたよ。

10年も経つと変わっちゃうもんですね...

mambo_no5 at 09:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

January 17, 2008

燕湯

9ede29a7.jpg今日は通院で都内へ。
せっかくなんで一日楽しもうと、始発で出発。
冷え切った身体を、お風呂で復活です。

<以下追記>
燕湯
あまり想定していなかったのですが、朝の冷え込みは予想以上。
停車の度に寒風が吹き込んでくる電車に長く乗っていたもので、身体はすっかり冷え込んでしまいました。
なもんで朝からやっている銭湯、燕湯へ。
入ってびっくり。自動販売機ができています。ここ最近だよなぁ。
でも、景観的にはイマイチ。

朝なのに洗い場が満席になるほどの混み方。
需要があるんですねぇ〜。

それにしても46度のお湯は、普段ぬるま湯生活をしているものにとってはキツイ一発になりました。
体中真っ赤になりましたよ。

mambo_no5 at 10:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote