零戦の遺産

September 18, 2013

零戦の遺産 〜設計主務者が綴る名機の素顔〜 / 堀越二郎


”風立ちぬ”の鑑賞、所沢航空発祥記念館にてオリジナルの零戦を観たりして思わず感化されてしまい購入。
設計主務者である堀越二郎さんの著書
周りからの評価や、戦後になってから手のひらを返すような風評に対して、
設計主務者としてのこだわりが感じられます。
 いかにして高い仕様をクリアするか?
 そのために全体設計としての最適化をいかに行うか?
などなど、今の商品化とやっていることは変わりませんな。
高機能機と汎用機は違いますからね。バランスって大事です。
なんでも来いのてんこ盛りな商品って、使い勝手が悪いんですよねぇ。

と自分の身に置き換えてみるのでありました...


mambo_no5 at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote