風立ちぬ

February 20, 2015

風立ちぬ



金曜ロードショーでやっていたため鑑賞。
劇場上映時に鑑賞したときには全く先入観ない状態で観たため、エンジニアとしての主人公に気持ちを入れながら観ていたのですが、二度目の鑑賞の今回は菜穂子の立ち位置で観てしまうとこれまた切ない。
この映画は誰の気持ちになって観るかによって感じ方がかなり変わりそうですね。
録画したからもう一回見直そうかなぁ。

mambo_no5 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

September 18, 2013

零戦の遺産 〜設計主務者が綴る名機の素顔〜 / 堀越二郎


”風立ちぬ”の鑑賞、所沢航空発祥記念館にてオリジナルの零戦を観たりして思わず感化されてしまい購入。
設計主務者である堀越二郎さんの著書
周りからの評価や、戦後になってから手のひらを返すような風評に対して、
設計主務者としてのこだわりが感じられます。
 いかにして高い仕様をクリアするか?
 そのために全体設計としての最適化をいかに行うか?
などなど、今の商品化とやっていることは変わりませんな。
高機能機と汎用機は違いますからね。バランスって大事です。
なんでも来いのてんこ盛りな商品って、使い勝手が悪いんですよねぇ。

と自分の身に置き換えてみるのでありました...


mambo_no5 at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 26, 2013

風立ちぬ

風立ちぬ
公開から少し経ってしまいましたが、本日レイトショーで鑑賞。
賛否両論ありますが、私自身としては非常に満足です。
ストーリー上余計な説明は全く無いので、当時の時代背景など事前の情報を持ち合わせていないと置いてけぼりになってしまいますからね。今までの普通のジブリ作品と同じスタンスで臨むととんでもないことになるでしょうからね。

絵の書き込みや、いろんなストーリーの融合など、うまい展開だと思います。
やっぱり同じ技術者(の端くれ)としては、良い物を作るためのブレイクスルー、徹底したこだわりなどは共感しちゃいますね。

う〜ん、もう一度見ようかしら...







mambo_no5 at 20:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote