風船爆弾

June 25, 2017

風船爆弾 / 福島のりよ


これも図書館にて借りた本です。
先の戦争の末期、当時は気球爆弾と呼ばれていた風船爆弾にまつわる小説です。
福島県を舞台に研究開発、製造、そして飛来したアメリカなど一通りの関係する舞台は全て出てきています。
戦地でもなく、大都市や工業都市でもない地方都市での戦争ってこんな感じだったんだろうなぁ、なんてことを感じたのでありました。
子供向けに書かれたとのことですが、なんとなく話が理解できるのは中学生以上だろうなぁ。

mambo_no5 at 22:23|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 04, 2009

紙の博物館

紙の博物館
王子にある紙の博物館に足をのばしました。
こちらも元々は企業博物館、でも最近は独立されたようですね。(思いっきり王子色ですが)
パルプから抄紙、リサイクルなどの全般的な事以外に、和紙について色々と展示されていた店には感心しましたね。

1Fにある図書室は小さかったのですが、紙に関わる材料についての本が結構ありました。切符などのメジャーなものだけでなく、風船爆弾について20冊近くあったのにはびっくりでした。

公園含めて楽しかったのでまた来たいなぁ。

mambo_no5 at 15:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote