高級コンデジ

February 12, 2011

私がFinepix X100を購入するのをやめた理由

control_3
世間で評判のX100。CP+でもものすごい行列で、触った人たちの評判も良いようです。価格も価格ですけれど、それなりに売れるんだろうなぁ。と思います。

私も触ってきましたが非常に丁寧な造りだし、レンズや絵作りにもこだわっているようで評判が良いのも頷けます。きっとそれなりに売れるでしょう。他メーカーも追随しそうですしね。

そんな評判ですが、CP+で物を触ったり、色々なお話を聞いて購入する事はないことを確信してしまいました。(現段階で現機種の判断ですけどね)

使用しない理由は、自分の撮影スタイル(ライフスタイル)と合わないこと、ですね。

現在利用しているカメラはGR Digitalと、GX200
普段から持ち歩いてパチパチと気の向くままに撮ったり、仕事(写真の仕事ではない)でメモ、記録用途で使うっていうのが普段の使い方です。

普段使っていて高感度時のノイズなどが気になってましたが、それらの解決にためには撮像素子を大きくするしかないよなぁ、と思っていた次第。

そんな中に具現化してくれたのがX100、と思ったのですがなかなか私のスタイルに合うような理想とはいかないようです。
まぁ、当たりまえのことですがなかなか両立しないことが多いのも事実。


X100のブースでの説明は...
 一枚一枚ファインダーでしっかりと撮影する。
 開放付近のボケを活かす。
ようなことをアピールしています。
 これって自分のスタイルには合わないよなぁ。


po1_p2
一方リコーブースでのGRの説明では
 GRのシャドーノイズの問題は根本的には撮像素子のサイズアップしかない。
 ただそれによって、
  レンズ・本体のサイズアップ
  パンフォーカスではなくなる(被写界深度の減少→ボケ↑)

 →だからそれを望む人はGXRを使って! 等々

 ですよねぇ。
 分かってはいたことですが全てすっきりしました。
 
と、いうことで
 サイズ
 速写性
 接写性能
 画質(そこそこ、それなり)

を優先する私にとっては今の選択がBetterであることを再認識してしまいました。


007
そんなことを考えていたら、以前アナログ時代に同じようなことを繰り返していたなぁということを思い出しちゃいましたよ。
当時も基本スタンスは変わらず、普段からかばんに入れておき、気ままに撮るスタイルでした。
90年代中盤に高級コンパクトカメラが色々と出ましたが、結局サイズと最短撮影距離などで普及版のほうが使い勝手が良かったもんな。(μIIが一番使い勝手が良かったですねぇ)社会人になってからは接写はそこそこで諦めてHEXERシルバーを愛用。画質面の欲が出て中判を入手したりしましたが、サイズのせいかあんまり使わなかったもんな。
中判でも自分の意識は携帯性だったもので、GS645Sやマミヤ7を持っていたんですけどね。
画質と携帯・速写性、その辺はデジタルになったからといっても同じもんですね。

今回CP+に行っていろいろ感じたもので書き綴ってしまいました。

<追記>
今年にはGRの新型が出るかもしれませんが...
今の三型は35Kといい感じな価格になってます。(こりゃあ買いかなぁ)

<追記2>
よくよく考えると、X100のサイズってヘキサーくらいか。だったら持ち運びは平気だよなぁ。小さいのになれるのは怖いですね。


mambo_no5 at 18:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote