黒人

June 24, 2006

マンダレイ

マンダレイ

二本目はマンダレイ
事前情報無しで観たモノでこの映画の世界観を認識するまでに時間がかかってしまいました。ワンフロアで全ての舞台を演じている、まるで演劇をそのまま映画にしたような...そんな映画なもんで面食らいましたね。
お話の方は舞台となる1930年代のアメリカ南部の事情がよくわからない部分もありますが、主人公の子供っぽい理想主義を非常に感じました。
そして最後、全てはわかった上での演技のようなものであったと...
自由を拒否することで最悪のシナリオを回避する...
なるほどねぇ...
自分の今住んでいる世界もにたようなもんかなぁって。規制が緩和するほど格差が広がる。そんなもんなんでしょうかね。
(☆☆)

mambo_no5 at 18:41|PermalinkComments(1)TrackBack(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote