はいからさんが通る満腹の情景 ”日本の食”の現在 木村聡

August 27, 2019

課題最先端「空間」の闘い 団地と移民 安田浩一


これも図書館で借りた本です。

移民と団地(コミュニティ)の関係性に着目し色々と書かれています。
 ブラジル移民の方の団地コミュニティ
 フランスにおけるアフリカや中東からの移民の団地コミュニティ
 中国残留孤児の団地コミュニティ
などが紹介されています。
私の住んでいるところでも、コミュニティとまではいかなくとも、それなりに日系ブラジル人の方はいらっしゃったりしますからね。
3世以降の方だと思うおのですが、見た目は全く日本の方と変わらないですからね。(言葉だけが違うという)

それと残留孤児の方にはちょっと衝撃。
30年くらい前から残留孤児の話も下火になり、その後どうなったんだろうと思っていましたがこのような状況になっていたのは。確かに援助は最低限だろうし、言葉も不自由だったりするとそのような感じになってしむのかもなぁ。
なんだか難しいものです。

mambo_no5 at 18:21│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
読み物 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
はいからさんが通る満腹の情景 ”日本の食”の現在 木村聡