首里城炎上40℃超えの日本列島で人は生きていけるのか 体温の科学から学ぶ猛暑のサバイバル術 永島計

October 31, 2019

僕は偽薬を売ることにした 水口直樹


これも図書館で借りた本です。

製薬会社を経て偽薬の会社を立ち上げた方の本です。
内容はその経緯もあるのですが、多くは偽薬の効果などについて描かれている部分が多いですね。プラシーボ効果ってある程度あると思うので、高齢者に対してはそのへんもうまく使いながらやって財政を破綻しないように...なんて提案もありましたね。
確かにある程度はこのようなことを含めてやっていかないといけないんだろうなぁ。

mambo_no5 at 06:52│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
読み物 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
首里城炎上40℃超えの日本列島で人は生きていけるのか 体温の科学から学ぶ猛暑のサバイバル術 永島計