災害特派員 三浦英之でたらめの科学 サイコロから量子コンピュータまで 勝田敏彦

April 27, 2021

服のはなし 行司千絵


これも図書館で借りた本です。

和裁洋裁など服の自作などを通じたエッセイ(自叙伝)のようなものでしょうか。

ファストファッションが広まってから服が溢れてきているというのは同意。
一時しのぎのつもりが、長いこと着続けちゃうんですよね。
(気がつけば10年以上なんてことも)
私の母も洋裁を習って、仕事にしていたこともあり服を修繕して着続けるというのは習慣づいているんですよ円。(ボロいままで着続けるなと言われたものです)

mambo_no5 at 13:21│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
読み物 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
災害特派員 三浦英之でたらめの科学 サイコロから量子コンピュータまで 勝田敏彦