辛坊治郎さん復路帰国 カラーリンス

August 25, 2021

膠を旅する 内田あぐり


これも図書館で借りた本です。

膠(にかわ)にフォーカスをあてたとうい非常にレアな本ですね。
地味に学生時代ににかわやゼラチンについて勉強したこともあったので読んでいて非常に面白かったです。ゼラチンは食用だったり医薬品、アナログな写真に使われていますが、にかわって古典的な接着剤くらいしか考えつかなかったのですが、日本画の顔料のバインダーに使われているんですね。そんなにかわがほぼ手に入らないような状況になり、関連するようなことが色々と書かれています。
改めて、昔は汚く臭い作業だったんだろうなぁとしみじみ。

mambo_no5 at 15:29│Comments(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
読み物 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
辛坊治郎さん復路帰国 カラーリンス