読み物

July 28, 2022

70からはメリハリ元気で自然な暮らし 沖幸子



これも図書館で借りた本です。
自分の親をみていると、70はまだまだ元気ですが、個々かあの10年で結構影響が出ますね。だから70で、と言う著者の動きには共感できますが、それをどこまで続けられるか?と言うことなんでしょうね。
そう考えると、自分もどのように生きていくか、ですね。(病気にならないかどうかもわかりませんし)

mambo_no5 at 16:59|PermalinkComments(0)

みのり菓子 小林優子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

みのり菓子 旅するようにお菓子をつくる
価格:1870円(税込、送料無料) (2022/8/21時点)



これも図書館で借りた本です。
和菓子職人の著者が書かれた本であり、その時期時期に合わせてアレンジしているところが洋菓子とは違った感じですね。
割と和菓子好きなので、お菓子の写真を観ているだけで楽しくなります。

mambo_no5 at 16:57|PermalinkComments(0)

財務省、偽りの代償 国家財政は破綻しない 高橋洋一



これも図書館で借りた本です。
よく聞くラジオに出演されることが多い高橋洋一さんの本ですね。地味に初な気がします。
著者の話を聞いていたりすると、緊縮派の意見に比べてすんなりと受け入れられるんですよね。
ここ最近のように絞るだけではどうにもならないだろうになぁ。

mambo_no5 at 16:55|PermalinkComments(0)

無人戦の世紀 セス・J・フランツマン 安藤貴子 杉田真



これも図書館で借りた本です。
訳書ということもあってか、非常に読みにくい本でした。ちょっと期待外れでしたね。

mambo_no5 at 16:52|PermalinkComments(0)

July 27, 2022

息子、娘が中高年引きこもりでもどうにかなるって本当ですか? 畠中雅子



これも図書館で借りた本です。
結構深刻なネタですね。お金だけで無く、後見人、手続きなどに到達できないとうまく活かせないようなこともあるんでしょうからね。難しいものです。

mambo_no5 at 16:50|PermalinkComments(0)

沖縄50年の憂鬱 新検証・対米返還交渉 河原仁志



これも図書館で借りた本です。
今年で沖縄が日本に復帰して50年、その経緯などを調査したものですね。まだ表に出ていないようなネタもあると思うのですが、読んでいて生々しいですよね。いろんな思惑が交錯していたんだなぁと。

mambo_no5 at 16:46|PermalinkComments(0)

July 22, 2022

少女漫画家「家」の履歴書 週刊文春編



これも図書館で借りた本です。
少女漫画家の「家」にまつわるお話ということです。こういうプライベートのインタビュー記事というのも、中々面白いものですね。本当に人それぞれで、波瀾万丈の人もいれば、実家(その拡大)という人もいたりと、人の人生にはいろいろですね。


mambo_no5 at 17:01|PermalinkComments(0)

July 21, 2022

「家飲み」で身につける 語れるワイン 渡辺順子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「家飲み」で身につける 語れるワイン [ 渡辺 順子 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2022/7/24時点)



これも図書館で借りた本です。
「家飲みで」と書かれていたりしますが、家飲みに対して高価な例が多くてちょっとなぁ、という感じ。家飲みとして手を出せそうなのはチリワイン程度だよなぁ。

mambo_no5 at 16:58|PermalinkComments(0)

July 20, 2022

縄文vs.弥生 先史時代を九つの視点で比較する 設楽博己



これも図書館で借りた本です。
当たり前のことですが、縄文時代と弥生時代はくっきり分かれておらず、双方に入り込んでいるのが実態で、また日本国内の地域によっても特徴があるという、その辺このことを詳しく書かれていてあり楽しめます。

mambo_no5 at 16:56|PermalinkComments(0)

July 19, 2022

厨に暮らす 語り継ぎたい台所の季語 宇多喜代



これも図書館で借りた本です。
台所の季語というようなネタです。ただ、こういうネタが響くのは70代以上の親の話を聞いている40〜50代以上じゃないでしょうかね。今でも、自分で畑仕事をしていたりすると季節を結構感じちゃいますね。

mambo_no5 at 16:53|PermalinkComments(0)

July 06, 2022

800日間銀座一周 森岡督行 伊藤昊

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

800日間銀座一周 (文春文庫) [ 森岡 督行 ]
価格:726円(税込、送料無料) (2022/7/10時点)



これも図書館で借りた本です。
コロナ渦の銀座で起きたいろんなこと、が書かれているという感じです。銀座で無くては、ということを重視していない人間にとっては、少し滑稽なようにも思えてしまうんですよね。価値観というものは面白いものですね。

mambo_no5 at 18:01|PermalinkComments(0)

July 05, 2022

宝石の国

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

宝石の国(10) (アフタヌーンKC) [ 市川 春子 ]
価格:748円(税込、送料無料) (2022/7/10時点)



6月中に読んだ話ですが、「宝石の国」を全話読ませていただきました。
以前放映されていたアニメだけしか観ていなかったのですが、こんな重い話になっていたとは。
こんな話だと、アニメは続けられるんですかね?
連載も再開したようで、続きが気になります。(1万年後ですから)

mambo_no5 at 18:00|PermalinkComments(0)

June 30, 2022

コスプレでつながる中国と日本 越境するサブカルチャー 化濱



これも図書館で借りた本です。
日本のコスプレ文化が中国(香港など)に広まっていく様子が書かれていますが、現状の日中関係に対して違和感を感じたので確認してみると2013年の本でした。今はちょっとこういう感じでは無いんだろうなぁ。

mambo_no5 at 19:26|PermalinkComments(0)

装いの心理学 整え飾るこころと行動 鈴木公啓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

装いの心理学 整え飾るこころと行動 [ 鈴木 公啓 ]
価格:2970円(税込、送料無料) (2022/7/3時点)



これも図書館で借りた本です。
同じタイミングで類似の本をまとめて借りてしまいました。
この本の中の「装い」は服装だけでなく、下着、化粧、ピアス、体型、振る舞い、言葉遣いなど多岐にわたります。
対象範囲を変えることで見える風景も変わってきますよねぇ。

mambo_no5 at 19:23|PermalinkComments(0)

June 23, 2022

コスプレする社会 サブカルチャーの身体文化 成実弘至



これも図書館で借りた本です。
新刊のところにあったので手にしたのですが、内容がちょっと古く感じたため確認してみると2009年の本でした。そういうことがたまにあるんですよね。
「コスプレ」と目を引くタイトルになっていますが導入部分だけであとは異性装、整形、入れ墨などに渡った世間の状況調査という感じです。ただ、10年ほど前の本なので、ちょっとズレてきているような気もしますね。

mambo_no5 at 17:53|PermalinkComments(0)