久保田沙耶

September 30, 2020

漂流郵便局-お母さんへ- 久保田沙耶


これも図書館で借りた本です。

タイトルにちょっと惹かれて借りてしまいましたが、内容がちょっと重かったなぁ。
亡き母親に向けたメッセージが延々と続きます。
こういうのはキツイです。感情がなだれ込んでくるような感じになっちゃいますから。

実際、このように書き出して送ることで気分が切り替わるようなケースも多いのかも知れないですね。
※私もブログに色々書いて気持ちをリセットしていることもありますからね。

mambo_no5 at 15:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)